兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

反発、半導体関連銘柄に買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=反発、半導体関連銘柄に買い
 
 日経ジャスダック平均株価は反発した。終値は前日比17円86銭高い3646円75銭だった。
フィラデルフィア半導体株指数が11日に上昇し、東京市場でもフェローテクやYKTなど半導体関連銘柄に買いが集まった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で861億円、売買高は1億6477万株だった。
値上がり銘柄数は377、値下がり銘柄数は261となった。
 
個別では、クロスキャット、アイケイ、昭和システムエンジニアリング、ミクロン精密、北川精機など7銘柄がストップ高。アクモス、KYCOMホールディングスは一時ストップ高と値を飛ばした。藤田エンジニアリング、大成温調、テノックス、nms ホールディングス、オートウェーブなど44銘柄は年初来高値を更新。ヤマト・インダストリー、アイエックス・ナレッジ、プロルート丸光、栄電子、助川電気工業が買われた。
 
一方、ディーエムソリューションズ、ストライダーズが年初来安値を更新。ドーン、協立情報通信、アルファ、SAMURAI&J PARTNERS、ANAPが売られた。