兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

米ドル円は一時113円台、この後は米雇用統計。
【為替】米ドル円は一時113円台、この後は米雇用統計。
[概況]
 
東京外国為替市場の米ドル円は一時113.090円まで上昇した。米利上げに対する期待感などから本日、米ドル円は買いが優勢な展開となっている。
 
また、この後は米雇用統計を控えており、米ドル円は雇用統計の発表まで113円付近で様子見ムードとなりそうか。今晩の米雇用統計は、仮に弱い結果となったとなった場合でも、ハリケーンの影響などを考慮し、米ドル円の下押しは限定的となる可能性も考えられそうだ。
 
テクニカル的には米ドル円は、5日移動平均線(112.835円)や一目均衡表転換線(112.378円)が下値付近に控えており、サポートとして機能しそうか。


[提供:カネツFX証券株式会社]