兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

3日ぶり反発、EV関連シライ電子買われる
【市況】ジャスダック市場(大引け)=3日ぶり反発、EV関連シライ電子買われる
 
日経ジャスダック平均株価は小幅ながら3日ぶりに反発した。終値は前日比5円72銭高の3607円20銭だった。
大阪油化といったIPO銘柄、市場拡大が期待できる電気自動車(EV)関連のシライ電子などに個人など短期志向の投資家の買いが入った。
ただ連休を前に利益確定目的の売りが出たため、ジャスダック平均の上げ幅は小さかった。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で969億円、売買高は1億4436万株だった。値上がり銘柄数は319、値下がり銘柄数は321となった。
 
個別では、シライ電子工業、栄電子がストップ高。フライングガーデン、大阪油化工業、SAMURAI&J PARTNERS、チヨダウーテは一時ストップ高と値を飛ばした。常磐開発、イナリサーチ、滝沢ハム、アイケイなど26銘柄は年初来高値を更新。
和井田製作所、田中化学研究所、山田コンサルティンググループ、ANAPが買われた。
 
一方、シンワアートオークションが一時ストップ安と急落した。ブロッコリー、ディーエムソリューションズ、ソルガム・ジャパン・ホールディングスは年初来安値を更新。新都ホールディングス、オーネックス、日本サード・パーティが売られた。