兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

日経平均株価は前場終値比で横ばい
【市況】東京株式(寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい
【寄り付き概況】

6日後場寄り付きでは、日経平均株価は、前営業日比48円24銭高の2万0676円80銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、3.30ポイント高の1685.79で始まった。
日経平均株価は前日比50円高前後と前場終値と比較して横ばい。
 
外国為替市場では、1ドル=112円90銭近辺での推移。アジアの主要株式市場は、総じて堅調。
 
日経平均はもち合いが続いており、手掛けづらさが窺える。
マザーズ指数はマイナス圏での推移が続いており、物色対象が絞りづらいところであろう。
 
物色は、短期的では、防衛関連、また、米国の利上げ観測を背景に、金融セクターへの押し目拾いの動きも意識されそうだ。
ランチバスケットは26件、516.31億円。差し引き20億円の売り越しとの観測。