兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

4日ぶり反発、手仕舞い売り、上値は重い。
【市況】東証マザーズ(大引け)=4日ぶり反発、手仕舞い売り、上値は重い。
東証マザーズ指数は小幅ながら4日ぶりに反発した。終値は前日比0.72ポイント高の1081.49だった
 
米国株高などを背景に東京市場は堅調に推移したが、マザーズはGunosyやじげん、マイネットなどが売られてマイナスゾーンで推移したが、大引け間際にプラス浮上した。
ただ、3連休を前に手じまい売りが多く、「上値は重かった」という。
値上がり銘柄数は109、値下がり銘柄数は122となった。
 
個別では、ロードスターキャピタル、PKSHA Technology、サンバイオ、アクアライン、アイモバイルが年初来高値を更新。大泉製作所、UUUM、GameWith、串カツ田中が買われた。
 
一方、ユーザーローカル、ウォンテッドリー、ロゼッタ、MS&Consultingが年初来安値を更新。バリューゴルフ、ジーエヌアイグループ、エルテス、アクセルマークが売られた。