兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

ダウ続伸し42ドル高 主要3指数が最高値
【市況】ダウ続伸し42ドル高 主要3指数が最高値
11日のNYダウ工業株30種平均は前日比42ドル21セント高の2万2872ドル89セントと連日で過去最高値を更新した。
ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新した。
朝方は複数の主要企業が市場予想を上回る好決算を発表したものの、FOMC議事録の内容を見極めたいとの思惑から、小動き。FOMC議事録では、数人の当局者が足元の低調なインフレ基調に懸念を示したが、大半が年内の利上げについて支持する見方を示した。発表後の相場はもみ合う展開となったが、原油相場の上昇が重なり、上げ幅をやや拡大した。
 
米主要企業の業績への期待感が根強い。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など好材料が出た銘柄が買われ相場をけん引した。
証券会社が投資判断を引き上げたJ&Jが大きく上げ、1銘柄でダウ平均を18ドルあまり押し上げた。空運のデルタ航空や資産運用のブラックロックが発表した決算が市場予想を上回り、両社の株価が上昇した。
 
ナスダック総合株価指数は同16.296ポイント高の6603.548と3営業日ぶりに最高値を更新した。
 
セクター別では、消費者・サービスや運輸が上昇する一方でメディアや商業・専門サービスが下落した。
 
個別では、アナリストが投資判断を「買い」で始めたと伝わった総合物流のフェデックスが高い。中国電子商取引のアリババ(BABA)は今後3年間で研究開発費を2倍超に拡大する計画を発表し、買われた。
写真共有アプリを手掛けるスナップ(SNAP)やネット小売のアマゾン(AMZN)、検索大手のアルファベット(GOOGL)は、クレディスイスによる目標株価引き上げを受け、上昇。
 
一方、銀行のシティグループが下げた。国際通貨基金(IMF)が持続的な利益確保が難しい金融機関の1つに挙げたのが嫌気された。半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)は10億ドル規模の公募増資を発表し、下落した。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
22,872.89+42.21             
S&P500種
2,555.24+4.60
ナスダック6,603.548+16.296

米10年債利回り(%)
2.3535 +0.008
米2年債利回り(%)
1.5247 +0.017
NY原油(ドル/バレル)   51.02−0.28
円・ドル112.49 - 112.50   +0.21   


 
【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は続伸した。12月物は前日比130円高の2万0945円で引け、同日の大取終値を75円上回った。NYダウ平均など米国株の主要3指数が連日で過去最高値を更新したことが好感されたうえ、円高一服も日本株買いにつながった。
午後に発表になった9月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録は、市場の予想の範囲内と受け止められた。この日の12月物高値は2万0970円、安値は2万0785円。
 
シカゴ日経225先物12月限 (円建て)
20945 ( +75 )
シカゴ日経225先物12月限 (ドル建て)
20975 ( +105 )
( )は大阪取引所終値比





【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7533.81(−4.46)
FTSE100種総合株価指数は小反落した。終盤にかけてもみ合い、結局前日終値に比べ4.46ポイント安の7533.81で引けた。製紙のモンディの大幅下落や、銀行株などに利益確定の売りが出て指数を押し下げた一方で、医療関連株が上昇したほか、午後に住宅建設株が買い戻され下値を支えた。
製紙のモンディが8%近く下落し、下げを主導した。コスト高や為替変動の逆風などで通期の業績見通しが予想をやや下回るとの見方を示したことが売り材料視された。梱包材メーカーのスマーフィット・カッパ・グループも安かった。
 
半面、総合ヘルスケアのNMCヘルスと医療機器のスミス・アンド・ネフューが高かった。医薬品株も堅調だった。アナリストが目標株価を引き上げたレジャー・外食のウィットブレッドが高く引けた。航空のイージージェットとインターナショナル・エアラインズ・グループも上昇した。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 12970.68(+21.43)
ドイツ株式指数(DAX)は反発した。終値は前日比21.43ポイント高の12970.68だった。
電力のRWEとエーオンが大幅上昇した。鉄鋼のティッセン・クルップとコメルツ銀行も高かった。
一方で化学のBASFやアディダスが下落した。エアベルリンの資産の一部を買い取ることで合意したと一部メディアが報じた。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5362.41(−1.24)
 
 
欧州の主要株式市場では、スペインのIBEX35が同1%以上、上昇した。