兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

日経ジャスダック平均は反落、売り圧力強い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反落、売り圧力強い

日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比17円38銭(0.45%)安い3820円23銭となった。新型コロナウイルスのオミクロン株の急速な感染広がりに伴い、経済の正常化が遅れることへの懸念から、対面サービスが多い小売業などに売り圧力が強まった。中小型グロース株への逆風が再び強まっている。東映アニメやウエストHDが下落した。半面、田中化研やマクドナルドは上昇した。
ジャスダック市場の売買代金は概算で281億円、売買高は3253万株。値上がり銘柄数は217、値下がり銘柄数は320となった。
 
個別では、ビーマップ、アルマード、小田原機器、かんなん丸、カンセキが昨年来安値を更新。アミタホールディングス、エフアンドエム、Nexus Bank、ウエストホールディングス、ファブリカコミュニケーションズが売られた。
 
一方、ドーン、KG情報、グラファイトデザイン、田中化学研究所、シグマ光機が買われた。