兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

マザーズ指数は反発、ズ時価総額上位銘柄の堅調推移
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反発、ズ時価総額上位銘柄の堅調推移
東証マザーズ指数は前日比9.90ポイント高の1105.59ポイントと反発した。
マザーズ時価総額上位銘柄の堅調推移が投資家心理を下支えした。
約21年ぶりの高値となった日経平均株価に関心が向かいやすい中、値上がり銘柄が終始過半数を維持するなど堅調だった。
市場関係者からは、「日経平均が2万1000円を付けた後に一旦調整に入れば、中小型株にシフトするだろう」との見方が出ていた。
値上がり銘柄数は130、値下がり銘柄数は95となった。
 
個別では、ディジタルメディアプロフェッショナル、SHIFTがストップ高。ハイアス・アンド・カンパニーは一時ストップ高と値を飛ばした。アクアライン、エヌ・ピー・シー、アイモバイル、ジャパンエレベーターサービスホールディングス、テックポイント・インクなど7銘柄は年初来高値を更新。
MS&Consulting、AMBITION、トランザス、アドベンチャー、グレイステクノロジーが買われた。
 
一方、ユーザーローカルが年初来安値を更新。スタジオアタオ、PKSHA Technology、エルテス、ソーシャルワイヤー、メタップスが売られた。