兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

11日の東京株式市場は、堅調展開か。
【オープニングコメント】
11日の東京株式市場は、堅調展開か。
日経平均株価の予想レンジは、2万700円−2万900円を想定する。
 
NYダウが3日ぶりに史上最高値を更新し、ナスダックも史上最高値に迫るなど外部環境は良好。日経平均株価は、2015年の高値2万952円が意識される。2万500円を難なく上回ったことで上値が軽くなっており、今週中には同水準を試しに行くだろう。
寄り前に8月の機械受注が発表される。良好な内容が確認できれば、機械株が指数の上値追いの先導役になると考える。
 
ただ、昨日まで6日連騰を演じ短期的な過熱感が警戒されるほか、「SQ(特別清算指数)値算出の週の水曜日は荒れやすい」とのアノマリー(論理的に説明できない動き)もあり、調整ムードが広がる可能性もある。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の前半で推移している。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、10日の大阪取引所終値比15円安の2万815円だった。
 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、売り1510万株、買い1580万株で、差し引き70万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額も買い越し。
売りセクターに、自動車、機械、化学、建設、ガラス、小売、電機など。買いセクターに、銀行、証券、サービス、電機、情報通信、建設など。
 
 
【好材料銘柄】
■ライク <2462>
6-8月期(1Q)経常は2.1倍増益で着地。
 
■ネクステージ <3186>
11月30日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施。最低投資金額は現在の3分の1に低下する。12-8月期(3Q累計)経常は54%増益で着地。
 
■ローツェ <6323>
今期経常を一転5%増益に上方修正・最高益更新へ。また、ウエハ搬送機の受注増加を背景に、ベトナム工場を増築する。投資金額は約32億円。
 
■サンヨーハウジング名古屋 <8904>
株主優待制度を導入。毎年8月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード1000円分を贈呈する。前期経常が上振れ着地・今期は5%増益へ。また、中期経営計画を策定。20年8月期に経常利益25.2億円(17年8月期実績は19.1億円)を目指す。
 
■ヴィンクス <3784>
東証がヴィンクスを17日付で市場1部に指定替えする。
 
■ぷらっとホーム <6836>
インフォテリア <3853> [東証M]とIoT分野で連携。
 
■ASTI <6899>
上期経常を一転81%増益に上方修正。
 
■ANAP <3189>
前期経常が上振れ着地・初配当実施、今期は23%増益へ。17年8月期決算で「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消。
 
■プロパスト <3236>
6-8月期(1Q)経常は70%増益で着地。
 
■マルマエ <6264>
今期経常は33%増で5期連続最高益、実質100%増配へ。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
11(水)
8月機械受注(8:50)
9月工作機械受注(15:00)
30年国債入札
《決算発表》
コメダ、ローソン、コシダカHD、ディップ、ABCマート、パルGHD、ベル24HD、コジマ、サイゼリヤ、ユニー・ファミマ、チヨダ、ライフコーポ、リンガハット、レノバ、プレナス
 
【海外】
9月19・20日開催のFOMC議事録公表
米3年国債入札
米10年国債入札
《米決算発表》
ブラックロック、ファスナル
 
※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。