兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

「日銀」
「日銀」
「日銀」
 
日銀のETF買いについて。
今年は前場のTOPIXの下落率0.4%以下のときは買い見送り。
ただ4日は下落率0.27%でもETFを購入した。
 
昨年は10月12回、11月7回、12月11回の買い入れと年末にかけて積極的だった。
今年年6兆円のペースを達成するためには5兆7084億円のETF買いが必要。
今年の営業日はあと59日。
必要額は2兆1840億円。
あと31回のETF買いが必要と計算できる。
31回/59日だから2日に1回は必要という計算だ。
 
電子端末にあった<日経平均構成銘柄の寄与度上位・下位15銘柄>
現在(2019年10月8日)とバブル崩壊後の高値(18年10月2日)を比較
 
コード 銘柄 業種 騰落率 寄与度
9983 ファストリ 小売業 +9.5 +198.5
6857 アドテスト 電気機器 +104.1 +180.8
8035 東エレク 電気機器 +31.3 +178.9
7832 バンナムHD その他製品 +54.7 +84.7
4568 第一三共 医薬品 +32.2 +57.3
7733 オリンパス 精密機器 +30.8 +49.4
4063 信越化 化学 +13.0 +47.7
6645 オムロン 電気機器 +18.1 +32.8
4519 中外薬 医薬品 +9.3 +25.2
9766 コナミHD 情報・通信業 +13.3 +21.4
6506 安川電 電気機器 +13.2 +16.8
1928 積ハウス 建設業 +25.3 +15.7
9735 セコム サービス業 +4.1 +13.9
2502 アサヒ 食料品 +7.5 +13.5
1925 ハウス 建設業 +7.3 +8.9
         
7267 ホンダ 輸送用機器 -19.2 -48.1
8028 ファミマ 小売業 -12.5 -54.0
4507 塩野義 医薬品 -20.6 -56.7
4578 大塚HD 医薬品 -28.2 -58.5
4324 電通 サービス業 -30.9 -61.1
9064 ヤマトHD 陸運業 -52.0 -64.3
4021 日産化 化学 -30.2 -67.7
7269 スズキ 輸送用機器 -29.7 -69.6
4704 トレンド 情報・通信業 -29.1 -77.4
6954 ファナック 電気機器 -10.2 -81.4
6762 TDK 電気機器 -18.8 -82.9
4503 アステラス 医薬品 -24.2 -87.1
6988 日東電 化学 -39.4 -124.0
4523 エーザイ 医薬品 -51.7 -210.3
9984 SBG 情報・通信業 -24.9 -301.5

(櫻井)