兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

反発、円安・上海株高で海外勢が買い戻し
東京株式(大引け)=反発、円安・上海株高で海外勢が買い戻し
【大引け概況】
8日の日経平均株価は反発し、前日比212円53銭高の2万1587円78銭で終えた。
本日のマーケット動画
時間:00:01:15 容量:11.05M

過去のマーケット動画はこちら
 
前日の米国株式市場では米中閣僚級協議の先行き不透明感から主要指数が下落する一方、米長期金利の上昇で為替は1ドル=107円台前半と円安水準に振れた。これが日本株の支援材料となり輸出企業の採算悪化懸念が和らいだ。日経平均は寄り付きから上昇し、2万1600円近辺の高値水準まで切り上げた。
 
休場明けの中国・上海株式相場が上昇したことも支えとなった。海外短期筋による株価指数先物への買い戻しが入り、上げ幅は一時250円を超えた。
 
 
日経平均の上昇幅に比べ、売買代金は低調だった。米中協議が直前に迫り海外投資家が取引を控える中、「個人投資家が相場の主役となり、利ざや狙いの短期的な商いが全体の値動きに反映されやすい状況」だった。
市場からは「今週末に米中協議の結果が出るまでは様子見が続き、値幅は2万1500円を挟んで200円に収まる」の指摘が聞かれた。
 
JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比114.59ポイント高の1万4181.18だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、13.75ポイント高の1586.50で終えた。業種別TOPIXは精密機器や金属製品、石油石炭製品の上げが目立った半面、保険や電気・ガス、空運が下落した。
 
東証1部の値上がり銘柄数は1711と、全体の8割弱を占めた。値下がりは372、変わらずは70銘柄だった。
 
業種別株価指数(33業種)は精密機器、金属製品、石油・石炭製品が上昇し、下落は保険業、電気・ガス業、空運業のみ。
 
個別では、任天堂、アドテスト、SUMCO、村田製作所、キーエンスも堅調、スクリンが大幅高。丸紅が上昇し、武田薬品工業も上値を追った。トヨタやSUBARUがしっかり。NTTや花王も堅調だった。神東塗料、すてきナイスグループがストップ高、三櫻工業も活況高に買われた。Hameeも大幅高だった。
 
一方、セブン&アイやキリンHD、味の素が下落。東京海上ホールディングス、SOMPOが軟調だったほか、三井不や住友不が安い。大東建託も売りに押された。スクウェア・エニックス・ホールディングス、コロプラも安い。IBJが大幅安、曙ブレーキ工業も下落。オルトプラスも利食われた。

 
東証2部株価指数は前日比73.00ポイント高の6682.61ポイントと3日続伸した。
出来高は7578万株。値上がり銘柄数は249、値下がり銘柄数は151となった。
 
個別ではビート・ホールディングス・リミテッドがストップ高。イトーヨーギョーは一時ストップ高と値を飛ばした。日本ケアサプライ、アスモ、アヲハタ、パシフィックネット、田岡化学工業など10銘柄は年初来高値を更新。ハイパー、ベルテクスコーポレーション、天昇電気工業、技研ホールディングス、アイケイが買われた。
 
一方、旭松食品、ダイハツディーゼル、小島鉄工所、テクノアソシエが年初来安値を更新。サイオス、東京インキ、中西製作所、インタートレード、ギグワークスが売られた。