兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
【裏ワザ】マスクをしても眼鏡が曇らない

新型コロナウィルス対策や花粉粉、黄砂が飛び交う毎日……。
花粉飛散で頭痛や肌トラブル、くしゃみや目のかゆみなどで苦しい思いをしている方が多いでしょう。
また、新型コロナウイルス関連肺炎(新型肺炎)の感染拡大に伴い、予防対策としてマスクは欠かせません。

憂鬱(ゆううつ)な季節と感じる人も少なくないでしょう!
メガネとマスクが手放せない、なんて人も多いですよね。
風邪、インフルエンザの予防や感染防止、女性のすっぴん隠しなど様々な用途があるマスクは日頃からよく使っている人も多いのではないでしょうか。

でもみなさん、こんなお悩みありませんか? 
それは「マスクをするとメガネが曇る」ということ。
メガネが曇ると何も見えなくなってテンションも下がるので本当に困りますよね。
 

マスクを付けた時にメガネが曇ってしまう原因は、マスクの隙間から呼気が漏れてしまっているからです。
呼気には水分が多く含まれているのでメガネの隙間から呼気が漏れてしまうとメガネが曇ってしまうのです。

マスクをしてもメガネが曇らないようにする方法は、
・マスクを対策する方法
・メガネ(レンズ)を対策する方法

マスクを対策する曇り防止
すぐに実践できることが多いのでチェックしてみてください。

マスクを外側に折る方法です。
マスク上部を1cm〜2cmほどを手前に折り曲げる。
 


鼻周辺の部分から息が漏れないようにする方法です。手前に折り曲げたあとに、ワイヤーを自分の鼻に合わせて曲げることによってメガネの曇りを対策することができます。

「曇りにくい」といっても「曇らない」わけではないです。
一時的な気休め程度と割り切って実践してみてください。

マスク内にティッシュを添える。
 

ティッシュ1枚を何度か折り返し、鼻に当たる内側の部分に添えてマスクを着用する方法です。ワイヤーを自分の鼻にフィットするように曲げることによって、鼻周辺の部分の隙間を埋め、息がメガネにかかりづらくなります。

手軽にできる上に外から見てもわかりづらいので、自然な形で実践することができる方法です。自分の好みでティッシュの厚さを変えて、フィット感を調節することができるのがメリットでしょう。


曇り止めマスクを使う。

対策しなくてもメガネが曇りにくいマスクも販売されています。
鼻周辺にしっかりフィットするように工夫されているマスクです。
99%もの花粉やほこりをカットし、99%のメガネの曇りをカットしてくれるという優れモノもあります。
お気に入りは、快適ガードプロです。

立体成型だけでなく、プリーツタイプ、ウェットフィルターのついた加湿タイプ、花粉に特化したタイプがあります。

曇り止め用のメガネクリーナーを塗る。

朝メガネを水洗いして拭いてから、曇り止めを付ける。そうすると、日中ずっと効果が期待できます。

どちらか1つだけの対策では完璧ではないので、2つの対策を一緒にすることで効果がよくあらわれます。

マスクは必須!という人も多いと思いますので、参考にしてみてください。

 

株ちゃんの明日読み
軟調展開か

軟調展開か

Market Data -------------------------------------------- 【日経平均】 41097円69銭(▲177円39銭=0.43%) -------------------------------------------- 【TOPIX】 2915.21(△10.71=0.37%) -------------------------------------------- 【グロース250】 695.11(△13.78=2.02%) ---------------------------------------...

相場概況(大引け)
177円安と反落、半導体めぐる米中対立の激化懸念
東京株式(大引け)=177円安と反落、半導体めぐる米中対立の激化懸念

【大引け概況】 17日の日経平均株価は反落し、前日比177円39銭(0.43%)安の4万1097円69銭で終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:01:49 容量:22.6M   ▼音声 VOICEVOX Nemo 過去のマーケット動画はこちら   朝方取引開始前は、リスクオンムードに包まれていた。前日の米国株市場でNYダウが700ドル超の大幅高をみせたことで、この地合いを引き継ぐことが期待されたが、後場寄り後に日経平均は値を消しマイナス圏に沈んだ。ここまで相...

東証スタンダード(大引け)
値上がり優勢、米国の早期利下げ期待
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値上がり優勢、米国の早期利下げ期待

  東証スタンダード市場は、米国の早期利下げ期待などを背景に一日を通して幅広く買いが入った。 米国の利下げ期待や「トランプ・トレード」によって、東京株式市場全体で幅広く買いが入った。スタンダードTOP20は小幅安。 出来高3億4725万株。値上がり銘柄数823、値下がり銘柄数567と、値上がりが優勢だった。   個別では、SIGグループ、リベルタがストップ高。インターライフホールディングス、タウンズ、平安レイサービス、ケアサービス、ウェルネットなど62銘柄は年初来高値を更新。メタプラネット、ザインエレクトロニクス、フューチャーベンチャーキャピタル、...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、新興銘柄の出遅れ感に着目
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、新興銘柄の出遅れ感に着目

  東証グロース市場は米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測を背景に金利の先高観が後退するなかで、米中小型株が上昇しているのが見直し買いを誘った。新興銘柄の出遅れ感に着目する声も多く、きょうは日経平均株価が後場に弱含む局面でもグロース指数は堅調さを維持した。 この日は、米国の利下げ期待や「トランプ・トレード」によって、東京株式市場全体で幅広く買いが入った。  「半導体株に集中していた買いが他の銘柄に分散した」ため、小型株にも投資家が向かい、グロース市場全体の売買代金は多かった。 グロース250とグロースCoreは大幅上昇。東証グロース市場250指数は4日続伸した...

相場概況(前引け)
小幅続伸、米ダウ平均の高値更新で 半導体株安は重荷
東京株式(前引け)=小幅続伸、米ダウ平均の高値更新で 半導体株安は重荷

  17日午前の日経平均株価は小幅に続伸し、午前終値は前日比32円28銭(0.08%)高の4万1307円36銭だった。   きょう前場は大型株中心に買い優勢の展開となったが、日経平均は指数構成比率の高い値がさの半導体関連株が売られたことで上げ幅は限定的となった。前日の米国株市場でNYダウが740ドルあまりの急伸をみせたことが市場センチメントを強気に傾けたものの、4万1000円台半ばでは目先筋の利益確定売り圧力が強く、前引けにかけて伸び悩んでいる。   米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測などを背景に、前日16日の米株式市場で主要3指...

東証スタンダード(前場)
値上がり優勢、米株上昇を受け
【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、米株上昇を受け

  東証スタンダード市場は前日の米国株が景気のソフトランディング(軟着陸)期待から上昇した流れを引き継ぎ買いが入った。 スタンダードTOP20は小幅安。出来高2億1870万株。 値上がり銘柄数837、値下がり銘柄数508と、値上がりが優勢だった。   個別では、SIGグループがストップ高。インターライフホールディングス、タウンズ、ケアサービス、ウェルネット、手間いらずなど48銘柄は年初来高値を更新。メタプラネット、フューチャーベンチャーキャピタル、ジャパンエンジンコーポレーション、石川製作所、ザインエレクトロニクスが買われた。   ...

東証グロース(前場)
値上がり優勢、米株高上昇を受け
【市況】東証グロース(前引け)=値上がり優勢、米株高上昇を受け

  東証グロース市場は、16日の米株式市場で中小型株で構成する株価指数ラッセル2000が5日続伸したのが国内の中小型株メインの新興市場にとって追い風になった。 グロース250とグロースCoreは大幅上昇。 東証グロース市場250指数は続伸した。前引けは前日比14.33ポイント(2.10%)高の695.66だった。 グロース市場ではトライアル、カバー、エネチェンジが上昇した。半面、GENDA、QPS研究所が下落した。 値上がり銘柄数370、値下がり銘柄数162と、値上がりが優勢だった。   個別では、コージンバイオ、Chordia Thera...

相場概況(寄り付き後)
続伸スタート、米株高で
【市況】東京株式(寄り付き)=続伸スタート、米株高で

【寄り付き概況】 17日の日経平均株価は続伸して始まった。始値は前日比141円10銭高の4万1416円18銭。 前日の欧州株市場はドイツやフランスなど主要国をはじめほぼ全面安商状だったが、米国株市場ではこのリスクオフの流れをせき止め、景気敏感株中心に大きく買い優勢に傾いた。 NYダウが700ドル超の急騰をみせたことで、東京株式市場でも日経平均は上値指向を強めている。前日は取引終盤に伸び悩んだが、きょうも買い一巡後の値動きが注目されるところ。ここ円安一服局面にある外国為替市場の動向や、米株価指数先物の動きなどに左右されるケースも考えられるだろう。 ...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「続伸」
「続伸」

「今の主役は30年後には主役ではない」 「続伸」 火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。 NYダウは終値ベースで連日の過去最高値更新。 ただエヌビディアやマイクロソフトなど大型グロース株の下落がナスダックの上昇を抑えた格好。 ユナイテッドヘルス・グループが6.5%上昇。 バンク・オブ・アメリカが5.3%上昇。 一方、チャールズ・シュワブは第2四半期の金利収入が減少し10.2%下落。 6月の小売売上高(季節調整済み)は前月比横ばい。 市場予想は0.3%減だった。 5月の企業在庫は前月比0.5%増と市場予想の0.4%増をわずかに上回った。 ...

相場展望(寄り付き前)
堅調展開か
【オープニングコメント】
堅調展開か

17日の東京株式市場は続伸後、堅調な展開か。 日経平均株価の予想レンジは、4万1300円-4万1600円を想定。(16日終値4万1275円08銭) 米国株は上昇。ダウ平均は742ドル高の40954ドルと値幅を伴った上げとなった。 現地16日の米国株高を受け、買い先行スタートとなりそう。上値では戻り待ちの売り押される場面も想定されるものの、トランプ氏が大統領に返り咲くとの思惑から、引き続き、防衛関連や金融などへの個別株物色が中心になりそう。 為替相場は、ドル・円が1ドル=158円台の前半(16日は158円49-51銭)、ユーロ・...