兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
【衝撃的な事実】あなたは右利き左利き

利き手と脳は、よく知られているように右手は左脳と、左手は右脳と繋がっています。

目や耳もしかり。クロスするカタチで左右の脳と密接に結びついています。

しかし目や耳よりも、利き手による脳の違いのほうが圧倒的に大きいことが解明されてきています。

右利き、左利き、あなたはどちらだろう!?
圧倒的に右利きの多い中、希に生まれてくる左利きの人。
その割合は、人類全体の約11%だそうです。
10人に1人の割合ですね!

実は日本は、世界的に見ても左利きの多い国です。
イタリアでは5.8%、アメリカではたった1.8%の人が左利きなのに対し日本は、なんと12%もの人が左利きなのです!

子供たちの利き手がしっかり決まってくるのは、だいたい3〜4歳くらい。

では、なぜ、このとき、左利きになる子供がいるのだろうか!?

左利きになる理由には諸説あります。ひとつは遺伝説。

しかし、これは一卵性双生児でも一人は右利き、もう一人が左利きになる子供がいることで信憑性が少ないとされています。

もうひとつは、利き手が決まる3〜4歳くらいまでに左手を使うことが多かった子は左利きになるという環境説です。

しかし、左利きに生まれる理由、それは実のところ、まだ解明されていません。

これは少し意外な気がするかもしれません。
しかし現に、全てが統計学上の数値であり、何故10パーセントの人が左利きに生まれるのか、そのDNAの確認すら取れていないのです。
つまり、左利きが劣性遺伝という広く知られている一般説も、言い換えれば、私たちの思い込みに過ぎません。
 

「何の根拠も無い都市伝説」を紹介します。
『信じるか信じないかは、あなた次第です!』
ん〜どこかで聞いたフレーズ!・・・

左利きの方が短命ってほんと?
では、何故そのような事が言われるのでしょうか?
どうやら、この世界が右利きの人専用に作られていることが原因のようです。

ワイヤー付きのノートはずっとワイヤーが手に当たって痛い!
ジーンズとかのジッパーの逆って見た事が無いです。
つまり、電話の受話器の位置や車の運転、ハサミや駅の改札など細かい事を挙げるとキリがありません。

あらゆることが、右利き用に成り立っているのです。
そのような小さなストレスが積もりに積もって、寿命を縮めていると考えられているようです。
まあ、確かに小さなイライラが重なるのは億劫かも・・・

驚くことに左利きの人は事故死が多く、右利きの5.3倍。自動車事故は3.8倍という研究結果も報告されています。

ちなみに、アメリカ・カリフォルニア州で、死亡時の年齢に関し、統計をとった結果です。
右利きの平均死亡年齢は、75才。
左利きの平均死亡年齢は、66才。

先ほど、アメリカの左利きの人の割合が約1.8%と紹介しました。
左利きの人が少ないのは事実ですが・・・
その代わり、アメリカでは両利きの人の割合が約28%もいるのです!!

おまけですが、オウムの47%は左足でエサを食べます。
鳥類ですが、オウムは左足を頻繁に使う傾向にあります。

よく考えると人間の身体って、とっても不思議で、とっても奥深いものですね〜
利き手がどちらであっても、不便を感じることなく暮らすことが大事ですね。
 

株ちゃんの明日読み
堅調展開か

堅調展開か

    週明けの日経平均は、2日続伸。終値は前週末比135円高の3万9233円で連日の史上最高値更新となった。前週末の米株高の流れを受けて日経平均は開始から300円近い上げとなったが、前週末に今年2番目の上げ幅を記録しただけに強いながらもそこからは伸び悩む展開となった。一方、内需系や出遅れ株に資金が向かい、指数としてこの日はトピックスやプライムの方が上昇率として上回っている。新興市場にも資金が向かうなど全体に好循環が生まれている。   主力大型株の多くが弱く、ローソク足では陰線を形成。それでも一度もマイナス圏に沈むことなく3桁の上昇で終えた。 ...

相場概況(大引け)
135円高、連日の最高値更新 米株高支え
東京株式(大引け)=135円高、連日の最高値更新 米株高支え

【大引け概況】 26日の日経平均株価は続伸し、終値は前営業日比135円03銭(0.35%)高の3万9233円71銭だった。2営業日連続で史上最高値を更新して終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:01:49 容量:22.02M02M   ▼音声 VOICEVOX Nemo 過去のマーケット動画はこちら   前週末の米国市場でNYダウが史上最高値を更新するなど米国株も堅調地合いが続いているため、海外投資家の日本株への投資配分の引き上げなどへの思惑から買いが先行した。日...

東証スタンダード(大引け)
値上がり優勢、幅広い業種に買い
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値上がり優勢、幅広い業種に買い

  東証スタンダード市場は先高期待が高まる中、幅広い業種に買いが入った。スタンダードTOP20は続伸。出来高4億0989万株。値上がり銘柄数868、値下がり銘柄数584と、値上がりが優勢だった。   個別では、フォーサイド、グッドライフカンパニー、enish、南海化学、キタックなど8銘柄がストップ高。神鋼鋼線工業、ジーデップ・アドバンス、放電精密加工研究所、ぷらっとホーム、ムラキなど6銘柄は一時ストップ高と値を飛ばした。住石ホールディングス、富士古河E&C、佐藤渡辺、ナカノフドー建設、テクノ菱和など96銘柄は昨年来高値を更新。アースインフィニティ、...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、個別に物色する動き
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、個別に物色する動き

東証グロース市場は、割高感のあるプライム市場の大型株を売りグロース市場の銘柄を個別に物色する動きが強く、堅調となった。グロースCoreは反発。東証グロース市場250指数は4営業日ぶりに反発した。終値は前営業日比21.69ポイント(2.92%)高の763.80だった。 個別に急伸する銘柄が目立った。東証プライム市場の銘柄と比べた相対的な出遅れ感も買いに弾みをつけ、指数は午後に上げ幅を拡大した。人工知能(AI)関連銘柄などの上昇も目立った。 市場関係者は「グロース市場上場銘柄の中でも、時価総額の大きい銘柄に積極的な買いが目立った」と話していた。   グロース市場では...

東証プライム(前場)
21円高、最高値上回る 海外勢の買い継続
東証プライム市場(前引け)=21円高、最高値上回る 海外勢の買い継続

  26日午前の日経平均株価は続伸し、午前終値は前営業日比211円12銭(0.54%)高の3万9309円80銭と、前営業日22日に更新した史上最高値を上回って終えた。   きょう前場は日経平均が上値指向を継続し最高値圏を進む展開となった。半導体関連の主力銘柄が売られる一方で、銀行株や商社株、自動車株などのバリューセクターに買いが入り全体相場を押し上げた。3連休明けとなった東京株式市場だが、前週22日に史上最高値を更新し目先達成感も出やすい場面。ただ、連休中に欧州や米国株市場が上値指向を強めたことで買い安心感が浮上している。   日経平均は...

東証スタンダード(前場)
値上がり優勢、先高期待から買い
【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、先高期待から買い

  東証スタンダード市場は引き続き先高期待から買いが入った。銀行など半導体株に比べて出遅れていた銘柄を買う動きも相場を押し上げた。スタンダードTOP20は続伸。出来高2億6794万株。 値上がり銘柄数932、値下がり銘柄数512と、値上がりが優勢だった。   個別では、フォーサイド、グッドライフカンパニー、enish、南海化学、ジーデップ・アドバンスなど8銘柄がストップ高。神鋼鋼線工業、山大、ムラキ、ピープルは一時ストップ高と値を飛ばした。住石ホールディングス、富士古河E&C、佐藤渡辺、ナカノフドー建設、テクノ菱和など89銘柄は昨年来高値を更新...

東証グロース(前場)
値上がり優勢、相対的な出遅れ感
【市況】東証グロース(前引け)=値上がり優勢、相対的な出遅れ感

  東証グロース市場は26日の日経平均株価が前営業日の22日に付けた過去最高値を上回る水準で推移するなか、新興株にも買いが波及している。東証プライム市場の主力株と比べた相対的な出遅れ感もあり買れた。 グロースCoreはともに反発した。東証グロース市場250指数は大幅に反発した。前引けは前営業日比23.13ポイント(3.12%)高の765.24だった。   年初から22日までの上昇率をみると、日経平均の17%高に対してグロース250は5%高にとどまる。市場では「投資家心理が一段と強気に傾くなか、新興銘柄は過熱感が薄いため資金が向かいやすい」との声が聞かれ...

Eimei みちしるべ
みちしるべ24年02月26日号


相場概況(寄り付き後)
続伸スタート、米株高追い風に最高値上回る
【市況】東京株式(寄り付き)=続伸スタート、米株高追い風に最高値上回る

【寄り付き概況】   26日の日経平均株価は続伸で始まった。 3連休明けとなる東京株式市場だが引き続き上値指向が強い。 始値は前営業日比221円96銭高の3万9320円64銭と、前営業日22日に更新した最高値を上回った。   同日の米国株市場でもNYダウ、ナスダック総合株価指数ともに大幅高となった。前週末23日こそナスダック指数は小幅に安く引けたもののNYダウは続伸するなど買い意欲は旺盛であり、東京株式市場でもリスク許容度の高まった海外投資家の買いが株高を後押しする展開となっている。 短期的には急ピッチの上昇に対する...

コラム
英明コラム 2月第4週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム 2月第4週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》2月 第4週 19 日( 月): 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って反落。「市場予想を上回る卸売物価指数(PPI)を受け早期利下げへの期待が後退した」との解釈。というよりも先物決済通過と3連休控えの影響というところ。1月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比(季節調整済み)で0.3%上昇。市場予想の0.1%を上回り、2023年8月以来5カ月ぶりの大きさとなった。主要3指数は週間で6週間ぶりの下落。   日経平均...