兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
手持ち資金で複数買える 「お手ごろ株」

「100万円入金しろって言ったけど、本当はもっと資金が必要では?」
なんて思っていませんか。
確かに昔は最低でも数十万円必要でしたが、最近は売買単位が100株単位になって、少ない資金からの投資ができるようになりました。

たとえば、アパレルのレナウンやオーディオのパイオニアなど、名前が知られた会社も100株、1万円程度で買えます。。
みずほFGが2万円しない。レストランのひらまつが4万円以下で買えます。

5万円を超えて買えると、東証一部上場の有名な銘柄がたくさんあります。
最低でも500万円近いユニクロのファーストリテイリングや300万円近い任天堂などは高嶺の花ですが、100万円で十分自由な株式投資ができるのです。

気を付けなければいけないのは「安いには安いなりの理由があり、高いものには高いなりの理由がある」ということ。
言い換えれば「どこかに傷があるから、買う人が少なくて株価が安い。どこかに魅力があるから買う人があるいは買わなければならない人たち(機関投資家など)が多くて株価が高い」のです。

1万円以下で買える株は、得てして「赤字・減益・上場継続の疑義」などがあるものが多く、初心者にオススメしません。
完全に投資理論を外れたギャンブルの世界です。

60代初心者へのオススメは、買うと10〜20万円台、つまり株価が1000〜2000円の中小型株です。
これらを複数単位ずつ、5銘柄以下に絞って持って様子を見るイメージではじめましよう。
 

100万円の軍資金の中で、どれをどれだけ組み合わせるかが、あなたの腕の見せどころです。

ちなみに建設機械の油圧フィルタのヤマシンフィルターは2016年8月から1年半で15倍になりました。
そんな夢が描ける株式市場。

2倍になった株をダブルバガー、3倍になった株をトリプルバガー、10倍になった株をテンバガーと呼びますが、中小型株では結構あるものです。

【株式名言】
割安に買いなし。割高に売りなし


株ちゃんの明日読み
様子見ムードか。

様子見ムードか。

21日の日経平均は反発。終値は前日比72円高の2万3639円だった。 米国の追加経済対策の進展期待と米株高で買い戻す動きが強まり昨日の下げを埋める動きに。買い一巡後は米大統領選と7−9月決算発表シーズンを前に動きは止まったが、全体として売り物が少なく、下値2万3500円を固めるような展開となっている。   明日22日の東京株式市場は、様子見ムードか。 22日は、米国で大統領候補者の討論会が予定されているが、これを消化するのは23日。そのため、引き続き動きづらい地合いが予想される。今晩の米国株が弱かった場合には、イベントを前にリスク回避ムードが強まるかもしれない。それで...

為替市況コメント
トルコリラ円、小幅ながら続伸
【為替】トルコリラ円、小幅ながら続伸

[概況] 21日、日本時間の外国為替市場においてトルコリラ円は、小幅ながらしっかりとした値動きとなり一時13.47円の高値を付けた。安値低迷しているトルコリラ円だが日足線が3日連続陽線引けとなり5日移動平均線が上向きに変化してきた。   また、20日移動平均線(13.47円:21日現在)に迫っていることから、これを超えての推移となれば、しばらく右肩上がりの展開も考えてみたいところか。 [提供:カネツFX証券株式会社]

相場概況(大引け)
72円高と反発、企業業績改善
東京株式(大引け)=72円高と反発、企業業績改善

【大引け概況】 21日の日経平均株価は反発し、前日比72円42銭高の2万3639円46銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:05 容量:9.6M 過去のマーケット動画はこちら   朝方から主力株をはじめ広範囲に買いが先行した。前日の米国株市場で主要株指数が揃って切り返したことで投資家心理が改善した。米追加経済対策の与野党協議が進展しているとの思惑を背景に米株価指数先物が上昇し、それを横目にリスクを取る動きが優勢となった。 ただ、取引時間中に外国為替市場ではドル安・円高方向に振れたほか、アジア株市...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は3日続伸、8カ月ぶりの高値水準
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日続伸、8カ月ぶりの高値水準
 

日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比8円72銭高い3649円20銭だった。一時は3660円13銭まで買われ、取引時間中としては2月25日以来およそ8カ月ぶりの高値水準になった。米国市場が反発したことや時価総額上位銘柄が強含みでスタートしたことを受けて、ジャスダック平均は続伸してスタートした。寄り付き後は時価総額上位の出前館や歯愛メディカルが上げ幅を拡大したことが相場を下支えし、ジャスダック平均は堅調に推移した。しかし、引けにかけて時価総額上位のワークマンが下げ幅を拡大したことやマクドナルドが値を消したことが重しとなり、上げ幅を縮小して取引を終了した。   ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日ぶり反落、時価総額上位の一角が上昇
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、時価総額上位の一角が上昇

東証マザーズ指数は前日比6.37ポイント安の1318.94ポイントと3日ぶり反落した。 米国市場が反発したことやナイトセッションが堅調な取引で終了した流れを引き継ぎ続伸でスタートした。しかし、寄り付き後は、メルカリなどの時価総額上位の銘柄が下落したことが相場の重しとなり、マザーズ指数はマイナスに下落し、その後、16.84pt高まで切り返すなど方向感の無い値動きとなった。サイバーダインやマネーフォワードなど時価総額上位の一角が上昇したことで、指数の下げ幅が限定的になったようだ。 売買代金は概算で2802.49億円。騰落数は、値上がり159銘柄、値下がり158銘柄、変わらず11銘柄と...

相場概況(前引け)
109円高と反発、米追加対策に期待感 
東京株式(前引け)=109円高と反発、米追加対策に期待感 

21日午前の日経平均株価は反発し、前日比109円86銭高の2万3676円90銭で前場を終えた。米追加経済対策の協議に進展があったことを受け、投資家のリスク許容度が改善した。 前日の米国株市場でNYダウやナスダック総合指数など主要株指数が大幅に反発したことを受け主力株を中心に広範囲に買いが先行した。日経平均は朝方に水準を切り上げた後に伸び悩んだが、米国の追加経済対策の進展期待などを背景に後半は再び買いが厚くなり上げ幅は100円を超えた。   ただ、午前の取引時間中に「2021年3月期が5300億円前後の最終赤字になる見込み」と報じられたANAHDが下げに転じ、業種全体でも上...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は3日続伸、好業績銘柄買われる
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は3日続伸、好業績銘柄買われる

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比17円74銭高い3658円22銭だった。 時価総額上位のセリア、ハーモニックが堅調に推移し相場を下支えしている。また、今期の純利益見通しを上方修正したCiメディカなどが買われた。 市場では「マザーズ市場は過熱感が強いため、ジャスダック市場へ資金が移っている」との指摘もあった。 ジャスダック市場の売買代金は概算で417億円、売買高は6922万株。値上がり銘柄数は361、値下がり銘柄数は202となった。   個別では、日本テレホンがストップ高。シーズメンは一時ストップ高と値を飛ばした。ウエストホールディングス、歯...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は3日続伸、デジタル化関連銘柄人気
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日続伸、デジタル化関連銘柄人気

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比16.54ポイント高い1341.85だった。 自民党の税制調査会が消費を喚起するために住宅や自動車の税負担の軽減や企業のDX促進に向けての減税など優遇策を検討していると日本経済新聞が報じている。このことから、 時価総額上位のAIinsideや弁護士ドットコムなどのデジタル化関連銘柄が相場をけん引している。他ではHENNGEやBASE、フロンテオが買われた。 値上がり銘柄数は211、値下がり銘柄数は100となった。   個別では、CYBERDYNEがストップ高。FRONTEOは一時ストップ高と値を飛ばした。Lib Wo...

相場概況(寄り付き後)
買い先行、米株高受け反発
【市況】東京株式(寄り付き)=買い先行、米株高受け反発

【寄り付き概況】 21日の日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比48円48銭高の2万3615円52銭。   前日のNYダウなど主要株指数が揃って反発、米国で与野党が協議している追加の景気対策を巡り楽観的な見方が広がり、リスクを取りやすくなった投資家による買いが優勢になっている。これを受けて東京株式市場でも総じて買いが先行する展開で始まった。 ただ、米国株市場は戻り売り圧力も拭えず、取引終盤は上げ幅を縮小、米追加経済対策成立への思惑が錯綜するなか、不安定な地合いが継続している。欧米では新型コロナ感染者数が再拡大していることも警戒材料。10月最終週から本格化す...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「点と点を結んで線に」
「点と点を結んで線に」

「点と点を結んで線に」   火曜のNY株式市場で主要3指数は反発。 民主党のペロシ下院議長は「来月初旬までの支援実現に向けホワイトハウスと合意できる。 20日中にも合意の兆しが見られるはずだ」とコメント。 これで市場に表面的楽観論が台頭した。 「米大統領選での勝者が誰であれ、刺激策は講じられる。 報じられている内容は目先的なものだ。 最終的にはそれらがまとまって、一段の景気刺激策が生み出されるだろう。 なぜなら、停滞している全てのセクターがそれを必要としているからだ」との指摘は当然の見方。 というか、1日遅れのランナー的コメントだ。 所詮「...