兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
「相場の波に乗れ」

日経平均と「個別株」それぞれの波を知ろう
そう言われてイメージするのは、日経平均株価(日経平均)の動きではないだろうか。
ーつーつの株の値動きが全体の動きになるのが株式市場だ。
「全面安」なんて見出しが一面トップになった日の日本経済新聞の証券欄は、前日より低い
と表示される「▲」がずらりと並び、今年一番安くなってしまったことを示す黒塗り(白抜き)表示の銘柄が続出して、黒々としている。

こんなに各社下げているのだから、そりゃ日経平均も下げるわなと納得させられる。
反面で、日経平均は株式市場全体の代表みたいな存在だから、個別の株の値動きに大きく影響する。
トョタ自動車や三菱UFJ銀行など大型株は、日経平均の動きに、ほぼ連動する。
それは、投資家の心理という面も大きいだろう。
 

新聞で「株価下落」なんて見出しを見ると、積極的に投資しようとは思えない。
そういう投資家心理になる人が多いから、株式市場の参加者は減っている。
人気が集まらないから、株価はますます上がらない。
一方で「株価上昇」なんて見出しに出会うと、「乗り遅れまい」という心理でどこからか投資マネーが出てくる。

ただ、日経平均株価指数は、2000超ある一部上場銘柄のうちわずか225銘柄だけで算出されている。
特に、ファーストリテイリング(ユニクロ)やソフトバンクなど株価の高い銘柄の影響を受けやすい。つまりは、市場全部を反映しているとは言い難い。

日経平均が下がっていても、個別にグングン上昇していく銘柄もある。
だから、日経平均やTOPIX等の指標をにらんで大きな波をとらえつつ、個々の銘柄を攻略する戦術を考えることが重要だ。

【株式名言】
大衆は常に天井を買い、底値を売る


株ちゃんの明日読み
神経質な展開か

神経質な展開か

  1日の日経平均株価は小反発し、2万7346円(前日比19円高)引けとなった。朝方は、1月31日の米国株高を受け、買い先行となり、上げ幅は一時200円を超えた。2万7500円台乗せ後は戻り売りに上げ幅を縮小し、後場入り後は下げに転じる場面もあった。FOMCの結果発表を前に持ち高調整売りの動きも重しとなった。 市場では「(FOMCがノーサプライズなら)決算にらみの個別株物色が中心で、指数は方向感が出にくいのではないか」との声も聞かれた。     あす2日の日経平均株価は、神経質な展開か。 現地1日(日本時間2日未明)のFOMC(米連邦公開市...

相場概況(大引け)
19円高と小反発、FOMC結果公表控え動意薄
東京株式(大引け)=19円高と小反発、FOMC結果公表控え動意薄

【大引け概況】 1日の日経平均株価は小反発し、前日比19円77銭(0.07%)高の2万7346円88銭で終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:01:07 容量:15.1M 過去のマーケット動画はこちら    前日の米株高を引き継ぐ形で朝方は日経平均が高く始まったものの、寄り直後にこの日の高値をつけ、後は漸次水準を切り下げる展開となった。 後場に入ると下げ止まりはしたものの上値は重く、狭いゾーンで模様眺めの動きに終始した。日本時間のあす未明にFOMCの結果公表とパウエ...

東証スタンダード(大引け)
値上がり優勢、好決算銘柄への買い
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値上がり優勢、好決算銘柄への買い

  東証スタンダード市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表前で様子見姿勢が強かったものの、決算の内容が良かった銘柄を中心に買いが入った。スタンダードTOP20は反落。出来高1億8747万株。   値上がり銘柄数692、値下がり銘柄数556と、値上がりが優勢だった。   個別では、阿波製紙がストップ高。ベルグアース、ホクリヨウ、安江工務店、北野建設、カネ美食品など30銘柄は昨年来高値を更新。J−MAX、ダントーホールディングス、アイエックス・ナレッジ、AKIBAホールディングス、日本精密が買われた。   &nbs...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、好決算銘柄への資金流入
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、好決算銘柄への資金流入

  東証グロース市場は米国の金利低下などを背景に買いが優勢となった。東証マザーズ指数、グロースCoreは続伸。東証マザーズ指数の終値は前日比7.25ポイント(0.93%)高い783.18と、1カ月半ぶりの高値を付けた。 米国のインフレが落ち着くとの見方から1月31日の米株式相場が上昇し、国内のグロース銘柄の買いにつながった。好決算銘柄への資金流入も追い風になった。   米国で賃金関連指標などに鈍さが見られて金利が低下したことが、バリュエーションの高い新興企業銘柄への買いを後押しした。ただ、個人など短期資金による買いが中心だったため、「逃げ足も速い」とさ...

東証プライム(前場)
小反発、米株高受け買いも上値重い
東証プライム市場(前引け)=小反発、米株高受け買いも上値重い

  1日午前の日経平均株価は小反発し、前日比49円11銭(0.18%)高の2万7376円22銭、東証株価指数(TOPIX)は3.38ポイント高の1978.65といずれも小幅高で午前の取引を終えた。   きょう前場は買い優勢の展開となり、日経平均は2万7000円台前半で頑強な値動きを示した。前日の米国株市場でNYダウが大幅に上昇したほか、ナスダック総合株価指数もほぼ高値引けとなったことを受け、リスク選好の地合いとなった。 インフレ圧力の鈍化を示唆する経済指標を手がかりに前日の米株式市場で主要3指数が上昇した。米株高を受けて日本株にも買いが広がった。 &nb...

東証スタンダード(前場)
値上がり優勢、好決算銘柄を中心に買い
【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、好決算銘柄を中心に買い

  東証スタンダード市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表前で上値が重い中、米国株高が好感され、好決算銘柄を中心に買いが入った。スタンダードTOP20は続伸。出来高1億1890万株。 値上がり銘柄数668、値下がり銘柄数513と、値上がりが優勢だった。   個別では、阿波製紙がストップ高。ホクリヨウ、北野建設、カネ美食品、ラサ商事、WDIなど23銘柄は昨年来高値を更新。J−MAX、アイエックス・ナレッジ、日本精密、日本アビオニクス、アピリッツが買われた。    一方、OSGコーポレーション、ダイワ通信が昨年来安値...

東証グロース(前場)
値上がり優勢、好決算銘柄への買い
【市況】東証グロース(前引け)=値上がり優勢、好決算銘柄への買い

  東証グロース市場は、東証マザーズ指数、グロースCoreは上伸。東証マザーズ指数の前引けは前日比8.90ポイント(1.15%)高い784.83だった。一時、789.08と取引時間中としては1カ月半ぶりの高水準となった。米国のインフレが鈍化するとの見方から1月31日の米株式相場が上昇し、国内のグロース銘柄にも買いが及んだ。好決算を発表した銘柄への買いも支えになった。   日本時間2日未明には米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が明らかになる。市場では「結果発表後の動向が読みきれないため、積極的に買いを入れる様子はみられない」との声が聞かれた。 &nb...

相場概況(寄り付き後)
反発スタート、米株高で買い先行
【市況】東京株式(寄り付き)=反発スタート、米株高で買い先行

【寄り付き概況】 1日の日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比156円30銭高の2万7483円41銭だった。 前日の米国株市場では、発表された経済指標を受けたインフレ懸念の後退から強気優勢の地合いとなった。 2022年10〜12月期の米雇用コスト指数が市場予想ほど上昇せず、インフレ鈍化につながるとの見方が支えになった。東京市場でも投資家心理の改善につながった。 NYダウ、ナスダック総合株価指数いずれも引け際に一段高となりほぼ高値引けとなったことで、東京株式市場でもこの地合いを引き継ぐ形でリスク選好の展開となっている。 日経平均2万7000円台半ばで強...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「IMFは経済見通しを上方修正」
「IMFは経済見通しを上方修正」

  「IMFは経済見通しを上方修正」   「恐怖と欲望指数は66?71と過去1年の最高水準の強気」   火曜のNY株式市場で主要3指数は揃って1%超の反発。 エクソンモービルやUPSが決算発表後に上昇。 キャタピラーやマクドナルドの下げを相殺した。 S&P500は月間で6.2%高。 1月としては19年以来のプラス幅。 22年は年間で19.4%下落していた。 NASDAQ総合は月間で10.7%上昇。 1月の上昇率としては01年以来の大きさとなった。 ...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■子育て世帯、住宅支援拡充 首相「結婚・出産へ重要」 衆院予算委 ■大手行、住宅ローン金利上げ 審査厳格化の動きも ■韓国サムスン 半導体事業の営業益97%減に 10-12月 ■中国BYD、日本で乗用EV販売開始 国内1号店も公開 ■映画興行、昨年32%増 コロナ前まで回復  「メガヒット」以外は苦戦 ■SGHD<9143> 佐川、荷主希望で鉄道便 二酸化炭素9割減 ■東レ<3402> 航空機用炭素繊維の接着時間9割短く 30年度メド ■セブン...