兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
「相場の波に乗れ」

日経平均と「個別株」それぞれの波を知ろう
そう言われてイメージするのは、日経平均株価(日経平均)の動きではないだろうか。
ーつーつの株の値動きが全体の動きになるのが株式市場だ。
「全面安」なんて見出しが一面トップになった日の日本経済新聞の証券欄は、前日より低い
と表示される「▲」がずらりと並び、今年一番安くなってしまったことを示す黒塗り(白抜き)表示の銘柄が続出して、黒々としている。

こんなに各社下げているのだから、そりゃ日経平均も下げるわなと納得させられる。
反面で、日経平均は株式市場全体の代表みたいな存在だから、個別の株の値動きに大きく影響する。
トョタ自動車や三菱UFJ銀行など大型株は、日経平均の動きに、ほぼ連動する。
それは、投資家の心理という面も大きいだろう。
 

新聞で「株価下落」なんて見出しを見ると、積極的に投資しようとは思えない。
そういう投資家心理になる人が多いから、株式市場の参加者は減っている。
人気が集まらないから、株価はますます上がらない。
一方で「株価上昇」なんて見出しに出会うと、「乗り遅れまい」という心理でどこからか投資マネーが出てくる。

ただ、日経平均株価指数は、2000超ある一部上場銘柄のうちわずか225銘柄だけで算出されている。
特に、ファーストリテイリング(ユニクロ)やソフトバンクなど株価の高い銘柄の影響を受けやすい。つまりは、市場全部を反映しているとは言い難い。

日経平均が下がっていても、個別にグングン上昇していく銘柄もある。
だから、日経平均やTOPIX等の指標をにらんで大きな波をとらえつつ、個々の銘柄を攻略する戦術を考えることが重要だ。

【株式名言】
大衆は常に天井を買い、底値を売る


株ちゃんの明日読み
上値の重い展開か

上値の重い展開か

  16日の日経平均株価は高値圏で小動き。どちらかというとしっかりの相場展開となった。値下がり銘柄の方が多かったが、ほぼ前日と同じ騰落比であった。 あすも強地合いに変化はなさそうだ。       あす17日の日経平均株価は上値の重い展開か。 16日の日経平均株価は3日ぶりに小反落し、2万8868円(前日比2円安)引けとなった。きのう大幅続伸(合計1050円強上昇)したことで短期的な過熱感への警戒から利益確定売りが先行し、下げ幅は一時110円を超えた。一巡後は、15日の米国株高を支えに上げに転じる場面もあったが、上値は限定され、その...

相場概況(大引け)
3日ぶり小反落 高値警戒、利益確定売り
東京株式(大引け)=3日ぶり小反落 高値警戒、利益確定売り

【大引け概況】 16日の日経平均株価は3営業日ぶりに小幅反落し、前日比2円87銭(0.01%)安の2万8868円91銭で終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:00:52 容量:11.68M 過去のマーケット動画はこちら   最近の急ピッチな相場上昇で高値警戒感から利益確定売りが先行したが、下値では押し目買いも入り、前日終値を挟んで小動きの展開が続いた。   8月NY連銀製造業景気指数が大幅に落ち込んだことやゼロコロナ政策に伴う中国の低調な経済指標もあり、景気減速...

東証スタンダード(大引け)
値下がり優勢、利益確定売り
【市況】東証グロース(大引け)=値下がり優勢、利益確定売り

  東証スタンダード市場は前日までの相場上昇を受けて利益確定売りが先行した。一方、海外株高を背景に投資家心理は強く、押し目買いが入り底堅く推移した。 スタンダードTOP20は軟調。出来高2億2120万株値上がり銘柄数560、値下がり銘柄数659と、値下がりが優勢だった。   個別では、CAPITA、日本出版貿易、協和コンサルタンツがストップ高。コーアツ工業、Abalanceは一時ストップ高と値を飛ばした。藤田エンジニアリング、日東富士製粉、ライフドリンク カンパニー、パレモ・ホールディングス、大森屋など33銘柄は年初来高値を更新。ネットマーケティング、...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、好決算材料に買い
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、好決算材料に買い

  東証グロース市場はグロースCore、東証マザーズ指数はともに上伸。東証マザーズ指数の終値は前日比19.62ポイント(2.69%)高い750.21と、4月18日(751.61)以来約4カ月ぶりの高値だった。上げ幅は一時3%に迫った。前日の米長期金利の低下を手がかりに国内新興市場ではグロース(成長)株を中心に買いが入り、指数を押し上げた。前日発表の決算を材料とした売買も目立った。   市場では「マザーズ指数は日経平均やTOPIXなどと比べると戻りが鈍い印象が強い。出遅れ感のあるグロース市場の成長株には見直し買いが入りやすくなっている」(国内証券)との声が聞...

東証プライム(前場)
小幅反落、10円安 利益確定売り
東証プライム市場(前引け)=小幅反落、10円安 利益確定売り

  16日午前の日経平均株価は小幅反落し、前引けは前日比10円02銭(0.03%)安の2万8861円76銭だった。   前日の米国株市場でNYダウ、ナスダック総合株価指数など主要株価指数が続伸したものの、日経平均は前日までの2営業日で1000円超上昇し、心理的な節目の2万9000円が視野に入っていた。テクニカル指標面などから短期的な過熱感を指摘する声もあり、利益確定や戻り待ちの売りが相場の重荷になった。   しかし下値は堅く、その後は内需株を中心に買いが入りプラス圏に切り返すなど頑強な値動きをみせた。ただ、空売り筋の買い戻しが一巡したこと...

東証スタンダード(前場)
値下がり優勢、売り優勢の展開
【市況】東証スタンダード(前引け)=値下がり優勢、売り優勢の展開

  東証スタンダード市場は利益確定売りが先行した。海外株高を背景に投資家心理が強く、押し目買いも入ったが売り優勢の展開だった。スタンダードTOP20は軟調。出来高1億3949万株。値上がり銘柄数497、値下がり銘柄数657と、値下がりが優勢だった。   個別ではAbalance、協和コンサルタンツがストップ高。日東富士製粉、ライフドリンク カンパニー、大森屋、ホームポジション、ウルトラファブリックス・ホールディングスなど25銘柄は年初来高値を更新。ネットマーケティング、アルマード、セルム、SEMITEC、出前館が買われた。    ...

東証グロース(前場)
値上がり優勢、見直し買い
【市況】東証グロース(前引け)=値上がり優勢、見直し買い

  東証グロース市場は、グロースCoreは大幅高。東証マザーズ指数も上伸。東証マザーズ指数の前引けは前日比18.77ポイント(2.57%)高い749.36だった。一時は749.77と取引時間中で4月19日以来およそ4カ月ぶりの高値を付けた。前日の米長期金利が低下したことで、国内新興市場でも相対的な割高感が意識される高PER(株価収益率)のグロース(成長)株を中心に見直し買いが入ったとの声が聞かれた。 ジーエヌアイやメドレー、ビジョナルが買われた。一方、前日に2023年3月期(今期)の連結最終損益が一転して赤字になるとの見通しを示したフロンテオは売り気配だった。 &n...

相場概況(寄り付き後)
反落スタート、2万9000円前に利益確定売り
【市況】東京株式(寄り付き)=反落スタート、2万9000円前に利益確定売り

【寄り付き概況】 16日午前の日経平均株価は、前営業日比42円25銭安の2万8829円53銭で始まった。 東証株価指数(TOPIX)は、2.79ポイント安の1982.17で始まった。 前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック総合株価指数ともに上昇基調を継続しており、東京市場でもリスクを取りやすい地合いが続いている。前日発表された中国の経済指標が中国景気減速を示す内容だったことは警戒材料ながら、米国ではインフレのピークアウト感からハイテク株や消費関連株が幅広く買われる動きとなっている。 東京株式市場でもこの流れを引き継いでいる。ただ、日経平均は前週末の急騰...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「SBGを除けば1Qは21%増益」
「SBGを除けば1Qは21%増益」

「SBGを除けば1Qは21%増益」 「続伸」 週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って続伸。 NYダウは4日続伸となったが一時下落に転じた場面もあった。 中国の7月の工業生産高や小売売上高などの主要経済指標が市場予想を下回って着地。 「中国景気への警戒感が高まった。 NY連銀製造業景況指数が大幅に低下したのも投資家心理の重荷となった」との解釈。 「FRBが米経済をソフトランディングさせられるとの見方を背景に買い継続。 大型グロース株が上昇した」との解釈。 アップルが0.6%、マイクロソフトが0.5%、テスラが3.1%上昇。 S&P500...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■小麦価格抑制、最大350億円 物価高対策 ガソリン補助金延長検討へ   ■地銀の海外運用、含み損1兆円超 6月末、3月末比6倍に   ■アイスタイル<3660> アマゾンが筆頭株主へ 化粧品販売、店舗ネット連動   ■サントリーBF<2587> ウエルシア<3141>とペットボトルリサイクル網構築 ■ハイデイ日高<7611> 日高屋、3〜5%値上げ 下旬、商品の大半で   ■日立製<...