兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
信じるか信じないかはあなた次第か?

フリーメイソン!
誰でもその名前を一度ぐらいは聞いたことがあると思います!
フリーメイソンの起源については資料が少ないため、諸説存在します。

フリーメイソンとは
free(自由な)masonn(石工)の意で石工職人の集まりが起源とされているようです。
「集合」を意味するリー(ry)を付けてフリーメイソンリーと呼ばれている組織が存在し、
その組織のメンバーのことをフリーメイソン呼ばれているようです。
ですが、本当の起源はテンプル騎士団にあるという。
テンプル騎士団は1118年頃、聖地エルサレムへの巡礼者の保護を目的で結成され、今の銀行システムを作り金融業などで膨大な富を築いたとされている。しかし、この権力に目を付けた当時のフィリップ王は彼らを異端の罪を着せてテンプル騎士団を弾圧し、そして逃れたテンプル騎士団は海を渡り海賊として生活していたという。


近代フリーメイソンは、昔のような石工組合としての実務集団ではありません。
メイソンの規約の中にそのことが明確に述べられています。
「フリーメイソンの理想は、社会や国家を改良して、普遍的な人道主義的な世界共和国を建設することである」。とされています。

以前テレビ番組の「やりすぎ都市伝説」ファンの方ならもうご存知かと思いますが、
『1ドル札に隠されたフリーメイソンの陰謀!?』
が、ありますよね。
 
表はジョージ・ワシントン(米初代大統領)の肖像画。
ジョージ・ワシントンと言えばフリーメイソンのメンバーだと言われていますよね?
(彼だけでなく歴代のアメリカ大統領の多くはフリーメイソンのメンバーだと言われています)

裏は、右がアメリカの国鳥であるハクトウワシ、左がエジプトのピラミッドが描かれています。
 

ピラミッドの上には「目」があり、この目は『万物を見通す目』と言われています。

フリーメイソン(実際にはイルミナティ)のシンボルマークの一つとされています。
このピラミッドの目を『プロビデンスの目=全能の目』などとも呼びます。

他にも1ドル紙幣に隠された秘密があるようです。

日本とフリーメイソンと関係あるのをご存知でしょうか!

フリーメイソンの聖なる数字「666」
キリスト教では不吉な13という数字同様に昔から獣の数として忌み嫌われ、悪魔の数字とも言われています。

また、悪魔の数字「666」
フリーメーソンは数字の「666」を崇めているってよく言われています。
666という数字を6+6+6=18になり、
反キリスト教のシンボルです。

実は、日本の硬貨を全額足した金額は666円なんですよ!
硬貨0の単位を省き、
この6種類の数字を足すと
5+1+5+1+5+1=18

なんと、日本の紙幣も・・・
1000円+2000円+5000円+10000円で合計は18000円です。
0はないものと考えると18=6+6+6です。


これは単なる偶然でしょうか?

1989年4月竹下内閣時、消費税(3%)導入に伴い、端数が1円刻みとなって1円玉が大量に必要となった。これで666円が世に馴染んでいったのです。

日本が財政難に陥った際、橋本内閣で、1997年4月消費税率を5%に引き上げています。
状況は一変しました。5%という、端数がおおよそ5円刻みとなったために、端数の1円玉の存亡が危ぶまれました。1円玉が必要なくなり、発行を停止しようという声が出てきました、この意見が出てきたのはつい最近のことです。
 

そこで、フリーメイソンはその多大な権力で、消費税を端数が1円単位となる8%案を出させ、可決されています。

国民には段階的に増税した方が楽でしょ?という、もっともらしい建前を付けて説明でした。

フリーメイソンは、1円玉が必要とされず、そのまま消えていけば666が成立しなくなり、自己誇示が不可能となってしまうと考え、消費税を10%に直接上げささず、段階的に、微妙な数の「8%」を挟もうと考えたのです

そしてそれが実現し、1円玉が必要とされ、日本は666円の硬貨が流通するフリーメイソン経済を保ち続けることができるようになっています。

これこそ、信じるか信じないかはあなた次第です。

「666」
他では、
■最も有名なのはバーコード。すべてのバーコードの両端の二本と真ん中の線は6を表す。つまり666です。

■インターネットで使われているwww(=World Wide Web)という文字は666を示している。wはヘブライ語では六番目の文字であり、六を示す。つまりwww=666。

■指で作るOKのサイン。あれも666のサインである。


東北大震災 2011年 3月 11日=2+1+1+3+11=18=666
コンビニのセブンイレブン 7+11=18=666

紹介はここまでにしますが、まだまだあるようです。

株ちゃんの明日読み
不安定な相場展開か。

不安定な相場展開か。

    26日の日経平均株価は大幅に3営業日続落し、2万6431円(前営業日比722円安)引けとなった。前週末23日の米国株安を受け、売り優勢の展開だった。時間外取引での米株価指数先物安も重しとなり、7月13日以来の2万6500円割れとなった。   寄り付きから2万7000円を下回り、場中には2万6500円も下回った。ダウ平均が年初来安値を更新しており、いずれナスダックやS&P500も安値を更新するのではとの警戒もくすぶる。FOMC通過後も下げ基調が続く米国株にある程度強い反発が見られないと、日本独自の要因で底入れする展開は期待しづらいだろ...

相場概況(大引け)
3日続落 欧米の景気懸念や株安
東京株式(大引け)=3日続落 欧米の景気懸念や株安

【大引け概況】 26日の日経平均株価は3日続落し、大引けは前営業日比722円28銭(2.66%)安の2万6431円55銭だった。7月12日以来、約2カ月半ぶりの安い水準となる。   本日のマーケット動画 時間:00:01:17 容量:17.35M 過去のマーケット動画はこちら   前週末23日の米株式市場では、NYダウが486ドル安となり3万ドルを割り込み、年初来安値を更新した。米国の急激な利上げが世界的な景気後退につながることが警戒された。これを受け、3連休明けの東京株式市場も軟調に推移...

東証スタンダード(大引け)
値下がり優勢、リスク回避の売り
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値下がり優勢、リスク回避の売り

  東証スタンダード市場は前週末に長期金利が上昇し、景気後退懸念が強まり欧米株が下落したことを受けてリスク回避の売りが優勢となった。スタンダードTOP20は軟調。出来高1億7186万株。値上がり銘柄数241、値下がり銘柄数1072と、値下がりが優勢だった。    個別ではクルーズ、和弘食品がストップ高。光陽社は一時ストップ高と値を飛ばした。大本組、湖池屋、エヌアイデイ、ソフトウェア・サービス、朝日印刷など22銘柄は年初来高値を更新。トレイダーズホールディングス、中西製作所、日本ビジネスシステムズ、スズデン、協和日成が買われた。   ...

東証グロース(大引け)
値下がり優勢、運用リスクを回避する姿勢
【市況】東証グロース(大引け)=値下がり優勢、運用リスクを回避する姿勢

  東証グロース市場は、グロースCoreは5日続落。東証マザーズ指数は反落。東証マザーズ指数の終値は前営業日比18.52ポイント(2.60%)安の693.98だった。7月19日以来、およそ2カ月ぶりの安値となる。 前週末の欧米株安を受けて投資家が運用リスクを回避する姿勢を強め、国内新興市場では幅広い銘柄に売りが広がった。午後に日経平均株価が一段安となると、マザーズ指数も下げ幅を拡大し、きょうの安値で引けた。   フリーやジーエヌアイ、そーせいが下落した。一方、プレイドやスパイダー、セルソースは上昇した。 値上がり銘柄数58、値下がり銘柄数413と、...

東証プライム(前場)
534円安と3日続落、米国株安で売り優勢
東証プライム市場(前引け)=534円安と3日続落、米国株安で売り優勢

    26日午前の日経平均株価は続落し、前引けは前営業日比534円30銭(1.97%)安の2万6619円53銭だった。 23日の米株式市場は、NYダウが486ドル安と大幅に4日続落し3万ドルを割り込み、年初来安値を更新した。米国の急激な利上げが景気後退につながることが懸念された。これを受け3連休明けの東京市場は下値を探る展開となり、日経平均株価は2万7000円台を割り込み、7月中旬以来、約2カ月ぶりに一時2万6500円台まで売られる場面があった。   英国のトラス政権が打ち出した大規模な経済対策を受けて、インフレ加速や財政悪化への警戒から前週...

東証スタンダード(前場)
値下がり優勢、リスク回避の売り
【市況】東証スタンダード(前引け)=値下がり優勢、リスク回避の売り

  東証スタンダード市場は欧米の長期金利が上昇し景気後退懸念が強まり、米国株が軟調となったことから、リスク回避の売りが膨らんだ。スタンダードTOP20はさえない。出来高1億0526万株。値上がり銘柄数289、値下がり銘柄数945と、値下がりが優勢だった。   個別ではクルーズがストップ高。光陽社は一時ストップ高と値を飛ばした。湖池屋、エヌアイデイ、ソフトウェア・サービス、朝日印刷、元旦ビューティ工業など19銘柄は年初来高値を更新。フジタコーポレーション、トレイダーズホールディングス、スズデン、Abalance、セイファートが買われた。   ...

東証グロース(前場)
値下がり優勢、売りが優勢
【市況】東証グロース(前引け)=値下がり優勢、売りが優勢

  東証グロース市場はグロースCore、東証マザーズ指数は軟調。東証マザーズ指数は反落した。前引けは前営業日比7.91ポイント(1.11%)安い704.59だった。前週末の欧米株安が投資家心理の重荷となり、国内新興市場でも売りが優勢だった。マザーズ指数は朝方に節目の700を割り込む場面もあった。 売り一巡後は底堅く推移した。市場では「新興市場には成長期待が高く外部環境に左右されにくい銘柄が多いため、日経平均株価と比べてマザーズ指数の下げは限られている」との声が聞かれた。 フリーやジーエヌアイ、ウェルスナビが下落した。一方、プレイドやスパイダーは上昇した。 値上が...

コラム
英明コラム 9月第4週 マーケットストラテジーメモ
「英明コラム 9月第4週 マーケットストラテジーメモ」

《マーケットストラテジーメモ一覧へ》 《マーケットストラテジーメモ》9月第4週   20 日(火): 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続落。7月半ば以来の安値を更新。週間での下落率はNASDAQ総合と共に6月以降で最大。NASDAQの12ヶ月線が24ヶ月線を下回りデッドクロス。宅配大手フェデックスの決算で「景気減速により世界的に出荷量が低迷した」と表明。「安全資産への資金逃避が加速した」との解釈だ。週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って3日ぶりに反発。長期金利が一時11年ぶりの高水準を付け売り先行の展開。...

相場概況(寄り付き後)
続落スタート、2万7000円割れ
【市況】東京株式(寄り付き)=続落スタート、2万7000円割れ

【寄り付き概況】 26日午前の日経平均株価は、前営業日比374円39銭安の2万6779円44銭で始まった。 東証株価指数(TOPIX)は、23.96ポイント安の1892.16で始まった。 23日の米株式市場は、NYダウは486ドル安と急落。3万ドルを割り込み、年初来安値を更新した。米国の急激な利上げが景気後退につながることが懸念された。欧州市場も大幅安となり、世界的な株安が警戒された。 この海外市場の波乱を背景に3連休明けの東京株式市場は大幅安でスタートしている。 景気悪化懸念から資源先物相場も軟調だった。東京株式市場も幅広い銘柄に売りが優勢で、INPEX...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「NY4日続落」
「NY4日続落」

「まだ見えていないリスクを抱えているのではないかとの声」 「4日続落」 週末のNY株式市場で主要3指数は揃って4日続落。 「ポジション調整の売り」との解釈。 「金利や景気以外のまだ見えていないリスクを抱えているのではないか」という声もある。 NYダウは1月4日の過去最高値3万6799.64からの20%安をかろうじて回避。 S&P500種とNASDAQはすでに弱気相場入りしている。 週間ではNASDAQが5.03%安と2週連続で5%超の下げ。 S&P500は4.77%、ダウは4%それぞれ下落。 フェデックスが3.4%安。 2020年6月30日以...