兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
若い女性も殺到!!

「ワークマン」といえば、作業着でおなじみですね。
最近、「ワークマン女子」という言葉があるようにワークマンを利用する女性が続出している。
ワークマンは、低価格・高機能の特性を活かし、新業態「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」でファストファッション分野に進出。
アパレル業界で苦戦を強いられる企業が多いなか、ワークマンの新業態「ワークマンプラス」が大ブレーク中。
ワークマンプラスとワークマンで、コンセプトに大きな違いはない。

ワークマンプラスは、ワークマンの膨大な商品群のうち、一般受けするカジュアルウエアを中心に“切り出した”専門店。
ユニクロをはじめとしたファストファッションや、スポーツウエアブランドは数あれど、日本のアパレル市場には圧倒的な低価格と、職人品質の機能性を両立させたブランドはなかった。
ワークマンは、そこに目を着け、作業服のカジュアル化と、作業服起点で機能性を打ち出したワークマンのPB開発という2つの動きが重なり、一般消費者にも受け入れられる素地が整ったというわけだ。
 
ワークマンプラスは、女性客の取り込みに成功したことで、一般的に女性客が多いとされる大型商業施設への出店も可能になった。これは大きな収穫といえるだろう。
 
なおかつそこには「低価格高機能ウェアの潜在市場規模は4000億円」とのこと。
なかなかの規模となる市場ではあるが、目立った競合もおらず、同社としては積極出店により市場を独占したい考えだ。まずは数年で100店程度を展開し、200億円の売り上げを目指すとしている。
 
 
7月度の月次速報で、既存店売上高が前年同月比16.3%増と22か月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。
日照不足と低温で空調ファン付作業服など猛暑関連商品が伸び悩んだものの、長梅雨の影響により、「肌がさらさらZERO DRY半袖Tシャツ」や自社開発のドライ生地を使用した「AERO STRETCHカーゴパンツ」など衣服内の快適性を保つウェアが好調に推移。また、降雨日が多かったことでレインウェアや長靴など雨関連商品も売り上げを牽引した。
 
20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)が前年同期比52.5%増の50.7億円に拡大して着地している。
ワークマン<7564>の株価は、この1年で約2.5倍に上昇している。
 

 
今後の動向に注目したい。
 
 
さて、女性が殺到といえば、近頃は、投資セミナーでも起きている。
「投資」や「資産運用」というと、どこかネガティブなイメージだったものが、最近では少しずつその考え方が変わり始めている。
私の講演する株式セミナーの参加者は、男性だけでなく、特に20代、30代、40代の女性の参加が増えてきている。
 

「老後2000万円問題」が騒がれたのは6月初旬のこと。
もとより今の20〜30代の方は、公的年金制度の先行きに疑問を持っていた。
もちろん政府も「貯蓄から投資」というスローガンを掲げ、iDeCoやNISAなどの認知を広めた事も、イメージの改善に一役買っているかもしれない。
 
「老後2000万円不足」問題は、金融業界のみならず日本全体にとってターニングポイントとなったことは間違いない。
私たち金融業界に携わる者たちが責任を持って取り組んでいくべき非常に大きな課題だろう。投資の意義や必要性を伝えていくのはもちろん、資産形成する機会をより幅広く、より大きな規模で提供していきたいと考えている。
 

株ちゃんの明日読み
手控え気分が継続か。

手控え気分が継続か。

  明日12日の日経平均株価は手控え気分が継続か。 現地11日にFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果が発表され、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が会見する。 米政策金利の据え置きが確実視されるが、FRB議長の発言を含め、その内容を受けて米国株式や為替相場がどう反応するかが注目される。もっとも、最大の焦点は、米国による対中制裁関税「第4弾」の発動期限となる15日であり、依然として見極めたいとの空気は強く、大きくポジションを傾けにくい状況が尾を引くとみられる。   為替動向が特に注目される。今週に入ってからは基調としては円安で、日本株を下支えして...

為替市況コメント
一喜一憂か、英ポンド円。
【為替】一喜一憂か、英ポンド円。

[概況]   11日の東京外国為替市場は、英ポンド円下落した。下落の理由は、本日の早朝に伝わった英国の総選挙関連の報道だ。具体的には最新の世論調査で、与党・保守党の議席予想が前回より減少したことだ。 他方、最大野党の労働党は議席を伸ばし、保守党との差を縮めている。この与党の優勢を後退させる結果が英国の合意なき離脱懸念を台頭させ、本日の英ポンド売りにつながったというわけだ。値動きを見ると、英ポンド円は始値が142.79円と50銭近く下に窓を開けてスタート。東京時間では本格的な買戻しが入ることはなく、結局この下落分は取り戻すことができなかった。そして欧州時間が始まると再び売り...

相場概況(大引け)
小幅続落、重要イベント前で買い手控え強く
東京株式(大引け)=小幅続落、重要イベント前で買い手控え強く

【大引け概況】 11日の日経平均株価は小幅続落し、前日比18円33銭安の2万3391円86銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:13 容量:10.91M 過去のマーケット動画はこちら   取引開始直後に前日比30円近く上昇したが、外国為替市場で円相場が円安・ドル高水準で安定していることを支えに買いが先行した。その後は値を消す展開となった。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を手始めに、英総選挙や15日の米国の対中追加関税の発動期限まで気が抜けない状態が続く。 米中協議では、「ナバロ大...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は14日続伸、好材料銘柄への買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は14日続伸、好材料銘柄への買い
 

日経ジャスダック平均株価は14日続伸した。終値は前日比3円16銭高い3738円22銭と年初来高値を更新した。 2019年9月5〜26日以来の14連騰で、18年10月22日以来およそ1年2カ月ぶりの高値水準。15日の米国の対中制裁関税「第4弾」の全面発動など重要日程を控え、市場全体に様子見ムードが広がるなか、好材料を発表した銘柄などへの買いがやや優勢となった。 ジャスダック市場の売買代金は概算で507億円、売買高は6139万株だった。 値上がり銘柄数は250、値下がり銘柄数は353となった。   個別では、太洋基礎工業、システム ディ、SYSホールディングス、...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反落、利益確定売り
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、利益確定売り

東証マザーズ指数は前日比8.27ポイント安の897.94ポイントと反落。 個人投資家の関心は新規上場銘柄に向かい、新規公開株などが個別に買われた一方で、時価総額上位銘柄群の軟調さも目立ち、反落となった。利益確定売りに押される銘柄も多かった。 市場関係者は「値動きの良い銘柄に個人の買いが集まった。逆に、マザーズでは手じまい売りに押される銘柄が目立った」と指摘していた。 値上がり銘柄数は82、値下がり銘柄数は210となった。     10日にマザーズ市場に上場したALiNKは11日、初めて取引が成立し、初値を645円(16.0%)上回る4665円で...

相場概況(後場寄り付き)
前場終値と比較してやや下げ渋り
【市況】東京株式(後場寄り付き)=前場終値と比較してやや下げ渋り

【後場寄り付き概況】 後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比29円33銭安の2万3380円86銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、5.09ポイント安の1715.68で始まった。 手掛かり材料に乏しい中、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに安値圏でこう着している。 外国為替市場では、1ドル=108円70銭台の推移。アジアの主要株式市場は総じて堅調。   午後零時45分現在、東証1部の出来高は6億6055万株、売買代金は9855億円。   日経平均構成銘柄では日水、SUMCO、日軽金HDなどが値上がり率上位。半面、商船...

アフターランチ
「モチ代のJQ」
「モチ代のJQ」

  「モチ代のJQ」   SQ週の魔の水曜日。 よろよろとした立ち居振る舞いはそれこそ老けた鷹や虎のような様相。 しかし裏側では先物のロールも粛々と行われているのだろう。 昨日のNT倍率は一時13.57倍と2ヵ月ぶりの低水準。 もっともTOPIXを積極的に買うということではなく背景はおそらく需給。 メジャーSQ控えで「期近売り・期先買い」の買いロールが優勢。 だから「期近の日経先物に売り圧力が掛かり易い。 相対的に日経平均株価が弱含む展開」との指摘は正しいだろう。   JPモルガンは9日付の2020年の米株式見通しの...

相場概況(前引け)
小幅安、重要イベントを控え様子見
東京株式(前引け)=小幅安、重要イベントを控え様子見

11日午前の日経平均株価は続落した。午前終値は前日比57円28銭安の2万3352円91銭だった。 外国為替相場で円・ドルが安定推移していることを背景に買い優勢で始まった。 ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)を皮切りに、15日にかけて欧州中央銀行(ECB)理事会や英総選挙、日銀の全国企業短期経済観測調査(短観)の発表、米国の対中追加関税の発動期限といった相場変動要因になりかねない重要イベントが目白押し。このため、「結果を見極めるまでは買いポジションは傾けられない」環境で、投資意欲が冷え込んだ。   米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が「制裁関税はまだテーブル上...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は14日続伸、中小型株に資金集中
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は14日続伸、中小型株に資金集中

日経ジャスダック平均株価は小幅に続伸した。前引けは前日比3円03銭高い3738円09銭となった。 週後半に重要イベントが相次ぐなか今週末にメジャーSQ算出を控えていることもあり、 15日の米国の対中制裁関税「第4弾」の全面発動など重要日程を控え東証1部の主力銘柄への買い手控えムードが強いなか、値動きの軽さから値幅取りの動きで中小型株に資金が集まった。また、個別に材料のあった銘柄も買われた。 前引け時点で10日につけた年初来高値を上回っている。 ジャスダック市場の売買代金は概算で313億円、売買高は3727万株。 値上がり銘柄数は252、値下がり銘柄数は322となった。 ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反落、売りに押され下値を試す展開
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反落、売りに押され下値を試す展開

  東証マザーズ指数は前日比7.32ポイント安の898.89ポイントと反落。 個別に材料のあった銘柄に対する物色はいくつか散見されたが、重要イベントを前に模様眺めムードが広がり、売りに押され下値を試す展開となった。 個人投資家のIPO人気からこれら銘柄には投資マネーがシフトすることも全体としては方向感に欠ける一因と想定される。 値上がり銘柄数は75、値下がり銘柄数は205となった。   10日にマザーズ市場に上場したALiNKは上場2日目の11日、公募・売り出し価格(公開価格、1700円)の2.4倍にあたる4020円で初値をつけた。午前の終値は403...

相場概況(寄り付き後)
小動き、重要イベント前に様子見
【市況】東京株式(寄り付き)=小動き、重要イベント前に様子見

【寄り付き概況】 日経平均株価は前日比10円95銭高の2万3421円14銭で始まった。   前日の米国株市場では様子見ムードで主要株指数がやや軟調な展開となったが、東京株式市場でも今週末にメジャーSQ算出を控えるなか米国の対中制裁関税「第4弾」の全面発動の期限を15日に控えていることに加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表、英総選挙と海外の重要イベントを控え持ち高を一方向に傾ける動きは限られている。   外国為替市場では円安方向に振れており、輸出セクターには追い風材料。取引時間中は香港や中国などアジア株市場の動向に影響される可能性もあるだろう。 ...