兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
「割安株と成長株」どう違い、どう選ぶ

よく聞く「成長株・割安株」。
本来はアメリ力の投資分析の「グロース株(成長株)」と「バリュー株(割安株)」に由来している。

「成長株」は、売上や利益の成長率が高く、株価の上昇が期待できる株式。
商品やサービスのシェアを拡大し、増収増益を続けている企業で一般に投資家の人気が高いのが特徴。

一方で「割安株」は、売上や利益の成長がさほど期待できないなどの理由で、株価が本来的な企業価値水準よりも安いと考えられる株式のこと。
堅実経営を続けていても、投資家の人気は低いから、割安に放置されている。
どちらを選ぶのが良いかについての意見は分かれるだろう。

成長株の問題は、1株あたり利益の何十倍にも買われている株を買えるかということ。
 

市場では、頻繁に名前が登場するのでなんとなく「買ってみたい、気になる株」。
「買いが買いを呼んで」上がっているので「買いが止まれば上がりません」。
その駆け引きが好きな投資家さんは成長株狙いで良いだろう。
しばらくは主人公になれると思う。

逆に、割安株の問題は、その人気のなさだろう。
1株あたり純資産の価値を株価が割り込んでいるケースが多く、
「解散すれば株価・よりも大きな資産を持っている」として注目されることがある。

しかし何年も純資産価格を割っている株価が、いきなり「割安だ」といって買われるケースは多くない。
「いつの日か株価が上がるまで我慢できるかどうか」が課題だろう。
そして「割安には割安の理由がある」かもしれない。
株価の動きがほとんど話題にもならなくても我慢できるならば、「割安株」はオススメできる。
大器晩成を実感できる日がやってくるだろう。

【株式名言】
株価は常に将来性の反映である


注目トピックス
マザーズ市場展望
マザーズ市場展望

新興市場は上値の重い展開となりそうだ。 マザーズ市場は今週、主力株の一つであるサンバイオが連続ストップ高して指数をけん引し、年初来高値を更新。   ただ、サンバイオへの短期的な買いは既に一巡しており、来週はけん引役不在の相場展開となってしまいそう。米ナスダック市場は一段安水準で停滞しており、下値不安を抱えた状態が続く。来週は祝日の関係もあって3営業日しかなく、手掛けづらい週でもある。   マザーズ指数は16日に年初来高値を更新。17日には2日に付けた取引時間中の高値も更新した。ただ、これは臨床試験の進展が明らかになったサンバイオのけん引によるもので、他の...

NY株/欧州株概況
NYダウ244ドル安、ハイテク株が下げ
【市況】NYダウ244ドル安、ハイテク株が下げ

18日のNYダウ工業株30種平均は続落した。前日比244ドル56セント安の2万7657ドル42セントで終えた。   アップルやマイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなど、時価総額の大きいハイテク大手が相場を下押した。これらの銘柄はこのところ利益確定売りに押されている。金融機関による投資判断引き下げも、売りを誘ったもようだ。   S&P500種株価指数が節目となる水準を下回ったことから、中盤に売りが加速。ダウ平均も一時414ドル安となった。この日は先物やオプションなどの満期が重なる「クアドラプル・ウィッチング」に当たり、出来高が急増した。これに伴って下げ...

毎日コラム
「まだ買える株の条件」


「まだ買える株の条件」
(1)ニッチ分野で高いシェア。
(2)景気に収益が左右されない。
(3)社会構造の変化に柔軟に対応できる。

 

この条件は最近唱えている「ヒ・ミ・ツのおまじない」とあまり変わらないような気がする。

「ヒ」=社会に必要とされている起業か?

「ミ」=未来に対する明確な予想図があるか?

「ツ」=強い技術、強い販売力、強いトップを持っているか?
 

株ちゃんの明日読み
もみ合い展開か

もみ合い展開か

今週はやや軟調となった。新政権への期待などから日経平均は週初に2万3500円台を回復したが、一定の到達感が出てきたことから、その後は上値が重くなった。   FOMCや日銀政策決定会合では中央銀行の金融緩和スタンスを再確認したが、特段のサプライズはなく、株式市場への好影響は限定的だった。 為替市場ではドル安・円高基調が強まった。日本株はこれらの逆風に対して一定の耐性は示したものの、4連休を前に積極的な買いは手控えられた。 日経平均は週間では46円の下落となり、週足では3週ぶりに陰線を形成した。 一方、TOPIXやマザーズ指数、ジャスダック平均は上昇しており、マザーズ...

為替市況コメント
米ドル円、引き続き上値は重いか
【為替】米ドル円、引き続き上値は重いか

[概況] 18日、東京外国為替市場の米ドル円は一時104.875円まで上昇するも、その後、欧州時間帯にかけて米ドル円は反落し一時104.395円まで下落した。米ゼロ金利政策の長期化見通しなどにより、米ドル円は引き続き売りが優勢か。 現在、米ドル円は104.420円付近で本日の安値圏で推移。 この後は第2四半期米経常収支(予想:-1579億USD 前回: -1042億USD)や9月ミシガン大消費者信頼感指数【速報】(予想:75.0 前回:74.1)など米経済指標の発表が予定されている。   テクニカル的には米ドル円は上方に位置する5日移動平均線(105.071...

相場概況(大引け)
小幅反発も4連休を控え様子見
東京株式(大引け)=小幅反発も4連休を控え様子見

【大引け概況】 18日の日経平均株価は小幅反発し、前日比40円93銭高の2万3360円30銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:54 容量:8.05M 過去のマーケット動画はこちら   NYダウが前日比130ドル安と5日ぶりに反落。ハイテク株などに売りが流入した。 東京株式市場はこの流れを受けたものの、下値には買いが流入し底堅く推移。一時前日比80円近く上昇する場面があった。ただ、4連休を控えた週末ということもあり積極的な売買は見送られ、1日を通じた日経平均株価の値幅は100円前後だった。 ...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反発、個人投資家の買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、個人投資家の買い
 

日経ジャスダック平均株価は反発。終値は前日比21円08銭高い3596円58銭だった。 米国市場は軟調に推移したものの、日経平均先物のナイトセッションが堅調に推移したことで、個人投資家のリスクセンチメントが改善し、ジャスダック平均は反発してスタートした。 寄り付き後は時価総額上位のハーモニックが上げ幅を拡大したことが相場を下支えしジャスダック平均も堅調に推移した。 個人投資家の運用意欲は引き続き旺盛で、BBタワーはストップ高で比例配分された。 菅総理が政府のデジタル化推進を指示したことで、データセンターや教育のデジタル化関連銘柄が値上がり上位にランクインし、相場を押し上げ、ジャス...

相場概況(前引け)
売り買い交錯、方向感は欠く
東京株式(前引け)=売り買い交錯、方向感は欠く

18日午前の日経平均株価は反発した。午前終値は前日比6円63銭高の2万3326円00銭だった。   前日のNYダウは下落したが、東京株式市場は値ごろ感からの買いが流入し底堅い展開。日経平均は一時80円近く上昇する場面があった。ただ、週末要因に加え東京株式市場は明日から4連休となることもあり様子見姿勢は強く、買い一巡後は横ばい圏で推移している。   ファストリ、ファナックなど日経平均への寄与度の大きい値がさ株が上昇した。外国為替市場で円高進行の勢いが途絶えたことで自動車株が買い戻されたほか、前日に下げの目立ったJR東日本など陸運株も買われた。 &nb...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は反発、材料の出た銘柄に買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反発、材料の出た銘柄に買い

日経ジャスダック平均株価は反発し、同13円67銭高の3589円17銭で終えた。 4連休前のポジション調整もあり主力銘柄には売りも目立つなか、材料の出た銘柄に買いが集まった。BBタワー、No.1、ハーモニックが上昇。バイオベンチャーのDWTIはストップ高買い気配で終えた。ワークマン、出前館、マクドナルドは下落した。   ジャスダック市場の売買代金は概算で284億円、売買高は8060万株。 値上がり銘柄数は333、値下がり銘柄数は220となった。   個別では、日本一ソフトウェアがストップ高。ヒューマンホールディングスは一時ストップ高と値を飛ばした...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は続落、IT関連銘柄が売られる
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続落、IT関連銘柄が売られる

東証マザーズ指数は前日比2.14ポイント安の1175.86ポイントと続落。 軟調な米国市場や小安く推移した流れを引き継ぎ続落でのスタート。 昨日に菅首相は朝食に選挙プランナーと会食を行っていることから早期解散の思惑や政策への期待感が高まり、下げ幅は限定的となっている。指数寄与度の高いIT関連銘柄の一角が大きく下落して指数を押し下げた。16日に上場来高値を更新していたBASEはきょう大幅に下落している。メルカリ、ユーザベースも売られた。 値上がり銘柄数は175、値下がり銘柄数は136となった。   個別では、Mマート、イノベーション、イトクロ、ソフトマックス、...

相場概況(寄り付き後)
小幅高、下値に買い流入
【市況】東京株式(寄り付き)=小幅高、下値に買い流入

【寄り付き概況】  17日のNYダウは前日比130ドル安の2万7901ドルと5日ぶりに反落。ハイテク株を中心に値を下げた。こうしたなか、東京株式市場は下値に買いが流入し底堅く始まった。為替は1ドル=104円70銭前後と前日夕方に比べ横ばい圏で推移している。   米ハイテク株を保有するソフトバンクグループ(SBG)には売りが先行している。日経平均の寄与度の大きい銘柄でSBGの持ち高を減らす代わりに、ファストリやファナックなどを買い戻す動きもあるようだ。前日に下げが目立った自動車株が総じて高い 。 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TO...