兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

相場概況(後場寄り付き)
日経平均株価は上げ幅を縮小
【市況】東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は上げ幅を縮小

【後場寄り付き概況】 18日後場寄り付きの。日経平均株価は、前営業日比55円50銭高の2万2507円36銭で始まった。 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、2.09ポイント安の1622.07で始まった。 日経平均株価はプラス圏を維持しているものの伸び悩み、東証株価指数(TOPIX)は値を消している。高値警戒感が広がり、売り圧力が強まった。   午前に発表された中国の7〜9月期の実質国内総生産(GDP)成長率は過去最低を更新した。前引けにかけては中国の景気対策が期待されるとの見方から建機など中国関連に買いが膨らんだが、上海株が軟調なことか...

相場概況(前引け)
125円高、中国GDP受け一時上昇幅拡大
東京株式(前引け)=125円高、中国GDP受け一時上昇幅拡大

18日午前の日経平均株価は反発した。前日比125円10銭高の2万2576円96銭で前場を終えた。 英国が欧州連合(EU)と修正離脱案で合意したことを受けて17日の米国株が上昇した流れを引き継ぎ、18日の東京株式市場も買い手主導で取引が進んだ。   午前11時に公表された中国の7〜9月の実質国内総生産(GDP)成長率が過去最低を更新し、中国政府が景気対策を強化するとの期待が膨らんだ。上げ幅は一時200円に迫り、取引時間中として昨年12月3日以来の高値を付ける場面があった。   英国の欧州連合(EU)離脱問題への懸念がやや後退し、企業業績の底入れ期待か...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続伸、投資家心理が改善し、買いが優勢
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、投資家心理が改善し、買いが優勢

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比14円07銭高い3430円45銭となった。東京市場の主力株が上昇したことで新興市場でも投資家心理が改善し、買いが優勢だった。中国関連株とされるハーモニックは、中国の7〜9月期の国内総生産(GDP)発表後に、同国の政策期待から上げ幅を広げる場面があった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で375億円、売買高は3208万株。値上がり銘柄数は348、値下がり銘柄数は202となった。   18日にジャスダック市場に上場した浜木綿は公開価格(2120円)を830円上回る2950円で初値をつけた。午前の取引終了...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は続伸、投資家心理の改善
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続伸、投資家心理の改善

東証マザーズ指数は前日比7.53ポイント高の844.85ポイントと続伸した。 前日の米国株式市場では、英国が欧州連合(EU)と修正離脱案で合意したことが好感され、主要3指数は反発。日経平均株価も堅調に推移しており、マザーズ市場でも投資家心理の改善に寄与している。ロゼッタやそーせい、霞ヶ関Cが上昇し指数上昇に寄与している。 値上がり銘柄数は189、値下がり銘柄数は84となった。   個別では、霞ヶ関キャピタルがストップ高。グランディーズ、ピーバンドットコムなど3銘柄は年初来高値を更新。エスユーエス、アイリックコーポレーション、VALUENEX、Amazia、データ...

相場概況(寄り付き後)
反発、米株高の流れ引き継ぎ買い先行
【市況】東京株式(寄り付き)=反発、米株高の流れ引き継ぎ買い先行

【寄り付き概況】   18日の日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比76円70銭高の2万2528円56銭。その後、上げ幅は100円を超えた。   米主要企業の業績改善期待を背景に、前日の米株は小幅ながら上昇した。東京株式市場でも業績底入れへの期待が膨らむ電子部品株を中心に買いが先行している。   きょうは11時に中国の経済指標の発表が相次ぐ、その結果が注目されている。為替は108円60銭前後と前日夕方に比べ円高で推移している。 英国と欧州連合(EU)の首脳は英国のEU離脱を巡る新たな協定案で合意したが、英議会が承認するかなど...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「ブレグジット進展」
「ブレグジット進展」

  「ブレグジット進展」   NY株式市場は企業の好決算を背景に主要3指数がそろって上昇。 英国とEUはブレグジット協定案を修正することで合意。 ジョンソン英首相は議員に対し19日の下院での特別審議で合意を承認するよう呼び掛けたことも好材料。 ただ北アイルランドの地域政党・民主統一党が19日の議会審議で新たな合意案に反対する意向を表明。 英野党・労働党のコービン党首も新たな合意に労働党は不満だとコメント。 当初は楽観視され株高債券安の展開となったが、その後巻き戻した格好だ。 中国商務省が米国の通商交渉で可能な限り早期に段階的な合意に達し関...

相場展望(寄り付き前)
上値が重い展開
【オープニングコメント】
上値が重い展開

18日の日経平均株価は外部環境の落ち着きを好感して買い優勢の展開を予想する。 上昇週の週末で利益確定売りも出てきやすいことから、上値が重い展開となりそうだ。 日経平均株価の予想レンジは、2万2300円-2万2600円   17日のNYダウ工業株30種平均は小幅に反発し、前日比23ドル高の2万7025ドルとほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。主要企業の7〜9月期決算を受け、米中貿易摩擦の影響が及びやすい機械など景気敏感株も含めて業績の改善期待が広がった。ナスダック総合株価指数も上昇した。   東京株式市場は、手掛かり材料難のなか、週末要因もあり、手じまい売り...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■五輪マラソン 一転札幌へ コースも警備も白紙   ■基地局に長時間の予備電源 総務省 携帯大手に義務づけ検討   ■半導体市況回復基調に 台湾TSMC5四半期ぶり増益   ■ぐるなび<2440> 訪日客向けサイト 都内3区の飲食店情報   ■味の素<2802> 血液一滴で認知症リスクをチェック   ■住友鉱<5713> 4〜9月 税引き前利益6割減 電子材料が不振   ■三浦工業<6005&g...

為替市況コメント
米ドル円は108円台半ばで推移、一方で英ポンド円が乱高下
【為替】米ドル円は108円台半ばで推移、一方で英ポンド円が乱高下

[概況]   17日、欧米時間の外国為替市場における米ドル円は一時108.450円まで下落し、軟調に推移した。10月フィラデルフィア連銀業況指数(予想:8.0 結果:5.6)や9月米鉱工業生産 (予想:前月比-0.1% 結果:-0.4%)などの米経済指標が事前の予想値を下回ったことなどを受け、米ドル円は売りが優勢となった。   一方、クロス円では英ポンド円が乱高下となった。欧州取引時間帯の序盤に英国と欧州連合(EU)が離脱協定案で合意に達したとの内容が報道されると、英ポンド円は一時141.52まで上昇するも、その後これまで保守党と連携してきた北アイルラ...

NY株/欧州株概況
NYダウ23ドル高、「合意なき離脱」の回避に
【市況】NYダウ23ドル高、「合意なき離脱」の回避に

17日のNYダウ工業株30種平均は前日比23ドル90セント高の2万7025ドル88セントと反発した。ほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。   英国とEUはこの日、離脱案の修正で合意し、EUは首脳会議で新たな離脱案を承認した。離脱の期限を月末に控える中、社会・経済に混乱をもたらす「合意なき離脱」の回避に向け大きく前進した。この動きを歓迎し、株式市場は買い先行で始まった。   また、米主要企業の7〜9月期の決算発表が本格化しており、業績の改善期待が相場を押し上げた。17日に発表した7〜9月期決算で特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った機械のハネウェル・インタ...