兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

相場概況(寄り付き後)
日経平均株価は前場終値比で横ばい
【市況】東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい

【後場寄り付き概況】 24日後場の日経平均株価は前日比37円62銭高の2万1734円27銭で寄り付いた。 日経平均株価は前日比35円高前後と前場終値と比較して横ばい。 東証株価指数(TOPIX)は、7.07ポイント高の1752.32で始まった。 外国為替市場では、1ドル=113円30銭近辺での推移。アジアの主要株式市場は、総じて堅調。   万が一16連騰であれば、押し目待ちに押し目なし、との心理状態にもつながるだろう。 日経平均は次のターゲットとなる22000円や22600円処を意識したスタンスを取ることになりそうだ。   足元の上...

相場概況(前引け)
利益確定売りこなし小幅続伸、36円高。政権安定や業績への期待で
東京株式(前引け)=利益確定売りこなし小幅続伸、36円高。政権安定や業績への期待で

24日午前の日経平均株価は小幅ながら続伸し、前引けは前日比36円45銭高い2万1733円10銭だった。   前日の米国株市場が安かったことや為替の円安が一服したこと、また前日まで日経平均が15連騰していたこともあって、朝方は利益確定の売りが優勢だった。一時は48円高の2万1745円を付けた。 しかし、押し目買い意欲は旺盛でその後じりじりと水準を戻し、プラス圏に浮上した。衆院選を経て安倍政権の経済政策に対する期待が強まっているほか、今後本格化する企業の決算発表を前に好業績期待の買いが下値を支えている。 海外投資家の買いが入り、上昇に転じた。鉄鋼や商社、公益、銀行株の上昇...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続伸、新興企業株にも見直し買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、新興企業株にも見直し買い

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比7円79銭高い3645円17銭となった。 日経平均株価が前引けにかけて持ち直し、新興企業株にも見直し買いが入った。米国株安で投資家心理が悪化したため朝方は安かったが、徐々に買いが優勢となった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で302億円、売買高は5777万株。 値上がり銘柄数は306、値下がり銘柄数は296となった。   個別では、前田製作所がストップ高。不動産証券化のGFAは一時ストップ高と値を飛ばした。オートウェーブ、プラマテルズ、日本プリメックス、バッファロー、昭栄薬品など19銘柄は年初来...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反落、メタップス、メドレックスなどが売られる
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反落、メタップス、メドレックスなどが売られる

東証マザーズ指数は反落した。前引けは前日比4.65ポイント安い1093.90だった。 インデックスに絡んだ売買からの主力大型株主導だったこともあり利食い売り中心の動き。 値上がり銘柄数は116、値下がり銘柄数は114となった。   個別では、ロコンド、グローバルウェイ、窪田製薬ホールディングス、アーキテクツ・スタジオ・ジャパンが年初来安値を更新した。 業績悪化や会計処理の不透明感でメタップスが大きく下落した。メドレックス、バリューゴルフ、アクアライン、インターネットインフィニティーが売られた。   一方、プレシジョン・システム・サイエンスがストッ...

為替市況コメント
ドルは東京時間に114円台を付けるも、NY市場で113円台半ばを割れる
【為替】ドルは東京時間に114円台を付けるも、NY市場で113円台半ばを割れる

[概況] 東京時間に114円台を付けたドルは其の後113円台後半で推移したが、NY株式市場の下げや米国債利回りの低下などにドルも売られてNY市場終盤には113円台半ばも割り込んだ。 そして引け近くに当日安値113.230円まで下げ、連れてユーロも133.095円(当日安値)まで下落し、最後ドルは前週末比-10.5銭の113.425円と113円台前半で引け、ポンド(+3銭高)以外の主要通貨も小幅値下がりして引けた。   先週の米上院での2018年度予算決議案可決や衆院選での自民党勝利を受けて、週明け23日の為替市場は円売り優勢で始まり、ドルは一気に114円台を付け...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 結構複雑な日
「結構複雑な日」

週明けのNYダウは7日ぶりの反落。 シカゴ連銀全米活動指数が予想に反して前月比でプラスとなったことから寄り付きは続伸でのスタート。 ただS&P500やNASDAQは午前中から反落。 「連日で過去最高値を更新していたことからため、利益確定目的の売り優勢の展開。 業績悪化から投資判断などの引き下げが相次いだGEが下落の悪役」との声が聞こえる。 先週追い風となった税制改革問題も一転悪材料視された。 21日付ニューヨーク・タイムズ紙の報道。 「下院共和党が減税財源として、年最大1万8000ドルルの401Kの税控除上限を2400ドルまで下げることを検討」。 実質増税を助長...

相場概況(寄り付き後)
米株安や円安一服受け利益確定売り優勢
【市況】東京株式(寄り付き)=米株安や円安一服受け利益確定売り優勢

【寄り付き概況】   24日の日経平均株価は、前日の終値と比べ26円65銭安の2万1670円00銭で取引を始めた。 きのう連騰最長記録となる15連騰を演じ、戻りピッチの速さから売りが出やすい面もある。 15日続伸でこの間に1300円以上の上昇をみせているだけに目先過熱感が意識される場面だろう。 前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数など主要指数が反落、外国為替市場でも1ドル=113円台前半と円安が一服しており、これを受けて東京株式市場でも広範囲に利益確定売りが出やすくなっている。   ただ、引き続き海外機関投資家の買いや出遅れた国内機関投資家の実需買...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料] ■旭化成<3407> 独で水素製造の実証事業開始   ■日本ガイシ<5333> 放射性廃棄物の重さ減らす装置実用化   ■NTN<6472> 摩擦抵抗半減のハブベアリング開発   ■シンフォニア<6507 > 超小型電磁ブレーキを開発   ■NEC<6701.> IoT機器の安全性高めるソフトを順次発売   ■シャープ<6753> エアコン使用時期予想するシステム開発  ...

相場展望(寄り付き前)
24日の東京株式市場は、もみあい展開か。
【オープニングコメント】
24日の東京株式市場は、もみあい展開か。

日経平均株価の予想レンジは、2万1400円−2万1700円を想定する。 23日まで15日連続で上昇し、1949年5月に東京証券取引所が再開されて以来、最長の連騰記録となった。 昨日の米国株は特段の悪材料があったというよりは、利益確定売りが強まった感が強い。 東京株式市場でも売りが先行するだろうが、きのうまで続伸記録が継続していることもあり、下げ渋る展開を予想する。 為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の半ばと円高に振れている。 為替は円高と、流れとしては売り優勢が想定されるところだが、場中はこう着相場、引けにかけては前日終値を意識して、戻りを試す展開が考えられる。 ...

毎日コラム
トラブル対策(危険運転)でドラレコ需要増
トラブル対策(危険運転)でドラレコ需要増
最近、危険運転の話題が多い。
あおり運転後に高速道路上で車を止め、後続の車の追突を招いて、夫婦を死亡させたとして、男性が逮捕された(危険運転致死傷容疑)事件があった。
事件の立件までに4カ月もかかったが、決め手は事故現場を通りかかった車のドライブレコーダー映像だったそうだ。

近年、日本においてもドライブレコーダーの装着率が高まっている。
交通トラブルによる事故は、各地で相次いでいるからだ。

交通事故の捜査や過失割合の判断などに役立っているとことだ。あくまで参考資料扱いとのことだが、それでも十分に効果があるとしている。

危険運転をする車が映っていたことでドライブレコーダーの需要は、ますます高まり品切れ続出だそうだ。
運転中の「万が一」を記録できること。
交通事故処理の迅速化や、安全運転の意識向上につながっている。特にアクシデントの際、男性に威圧されがちな女性ドライバーの装着が増えているそうだ。
今後、普及が加速するとの見方もあり、株式市場でも関連銘柄には注目が必要だろう。

カーメイト(7297)は、年初来高値を大きく更新している。
10月27日から東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に出展すると発表しているが、出展物のなかでもドライブレコーダー機能付360度カメラ「d'Action 360」が注目材料となっているようだ。一部報道によれば、交通トラブルによる事故が各地で相次ぐなか、360度記録できるタイプのドライブレコーダーを買い求める動きが広がっているという。

チャート出典:ストックウエザー株式会社

エレコム(6750)もフルHDに対応したドライブレコーダーを販売している。
今年4月に左右方向に180度(仰角100度)という超広角レンズを搭載しているので、クルマからの風景を広く記録できる。たとえば左右から飛び出してきた人やクルマ、自転車などが、遮るものがない限り飛び出す前から映っているのが特徴で注目されている。

チャート出典:ストックウエザー株式会社

AKIBAホールディングス(6840)が動意づいている。グループ会社のアドテックがドライブ・カメラの販売代理店として、ドライブ・カメラの製品の販売しており、同社に物色の矛先が向かっているようだ。

チャート出典:ストックウエザー株式会社

また、関連銘柄として、JVCケンウッド(6632)なども買われている。

チャート出典:ストックウエザー株式会社


国土交通省では、軽井沢スキーバス事故の発生を踏まえ、貸切バス事業者に対し、運転者へのドライブレコーダーを活用した指導及び監督を平成29年12月より義務付けている。
更なる特需が働くだろう。

ドライブレコーダーの売上台数は右肩上がりで伸びており今後の需要が増加するとの期待が高まっている。関連銘柄にも目が離せないだろう。


NY株/欧州株概況
ダウ反落、54ドル安。利益確定売り
【市況】ダウ反落、54ドル安。利益確定売り

23日のNYダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落した。終値は前週末比54ドル67セント安の2万3273ドル96セントだった。 米主要決算や税制改革への期待感から買いが先行した。本日は経済指標の発表に乏しく、前週に主要株価がともに最高値を更新したことによる高値警戒感も重なり、利益確定の動きから引けにかけて下落に転じた。   アナリストによる投資判断や目標株価の引き下げが相次いだゼネラル・エレクトリック(GE)が売られ、指数の重荷になった。 GEは20日に発表した2017年7〜9月期決算で純利益が前年同期比10%減少。モルガン・スタンレーやUBS証券が投資判断を引き下...