兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

株ちゃんの明日読み
一進一退の展開か

一進一退の展開か

今週は、軟調となった。翌週にFOMCを控えて米国株の値動きが不安定となり、特にグロース株の買いづらさが意識された。日銀会合では事前に警戒されたようなタカ派的な内容は出てこなかったものの、発表当日の日経平均は乱高下した。19日には休場明けの米国株が大きく崩れたことを嫌気して790円安と大幅下落。2万8000円を大きく割り込んだ。2万7000円台前半では下げ渋ったものの、米国株が週後半にかけて一段と調整色を強めたことから、押し目を拾う動きは限られた。 日経平均は週間では約602円の下落となり、週足では3週連続で陰線を形成した。マザーズ指数とジャスダック平均は昨年来安値を更新した。 &nbs...

相場概況(大引け)
反落250円安、リスク回避の売り
東京株式(大引け)=反落250円安、リスク回避の売り

【大引け概況】 21日の日経平均株価は反落し、前日比250円67銭安の2万7522円26銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:34 容量:18.42M 過去のマーケット動画はこちら   米国の金融引き締めをめぐる市場の混乱や景気減速を警戒したリスク回避の売りが出て、終日軟調な展開となった。下げ幅は600円を超える場面があったが、主力銘柄には値ごろ感からの買いが入り、次第に下げ幅を縮めた。   米国ではインフレが進む中で金融政策を巡る不透明感が強まっている。日本時間21日の取引で米株...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反落、資金流出を警戒
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、資金流出を警戒
 

日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比21円48銭(0.58%)安の3664円02銭と、19日に付けた昨年来安値を更新して2020年12月以来の安値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め観測を背景に新興市場からの資金流出を警戒した売りが優勢だった。前日の米半導体関連株安を受けたフェローテクの下落が目立った。 東映アニメ、田中化研が下落した。一方、出前館、ワークマンは上げた。 ジャスダック市場の売買代金は概算で512億円、売買高は5697万株だった。 値上がり銘柄数は188、値下がり銘柄数は392となった。   個別では、ホーブ、イナ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反落、世界的な株安の流れ
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、世界的な株安の流れ

東証マザーズ指数は前日比12.24ポイント安の812.76ポイントと反落した。 一時800ポイント割れとなる場面があった。世界的な株安の流れが続き、投資マインドの悪化からマザーズは厳しい下落となっている。 市場関係者は「米国株で損失を抱える投資家が多く、これまで赤字でも成長期待で買われていたマザーズ銘柄は買いが手控えられている」と指摘していた。 メルカリ、そーせいが下落した。一方、フロンテオ、サイバダインが上昇した。 値上がり銘柄数は132、値下がり銘柄数は270となった。   個別ではLib Work、フィット、インタースペース、トランスジェニック、フ...

明日のラッキーフード
ラッキーフードを食べて株運UP(1月22日)

 
早見表
一白水星 1936 1945 1954 1963 1972
二黒土星 1935 1944 1953 1962 1971
三碧木星 1934 1943 1952 1961 1970
四緑木星 1933 1942 1951 1960 1969
五黄土星 1932 1941 1950 1959 1968
六白金星 1931 1940 1949 1958 1967
七赤金星 1930 1939 1948 1957 1966
八白土星 1929 1938 1947 1956 1965
九紫火星 1928 1937 1946 1955 1964
 
一白水星 1981 1990 1999 2008 2017
二黒土星 1980 1989 1998 2007 2016
三碧木星 1979 1988 1997 2006 2015
四緑木星 1978 1987 1996 2005 2014
五黄土星 1977 1986 1995 2004 2013
六白金星 1976 1985 1994 2003 2012
七赤金星 1975 1984 1993 2002 2011
八白土星 1974 1983 1992 2001 2010
九紫火星 1973 1982 1991 2000 2009

  1/22 下記のラッキーフードを食べ 株運つけて相場に勝つ!!   一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星 素麺・にゅう麺 回鍋肉 カレーライス ワンタン ポークカツ スタミナ定食 カレーうどん 和食 刺身 ラッキーラン...

相場概況(前引け)
反落、米株安が重荷
東京株式(前引け)=反落、米株安が重荷

  21日午前の日経平均株価は反落し、前日比395円49銭(1.42%)安の2万7377円44銭で終えた。   金利低下に伴ってハイテク株などに買いが先行し、460ドル超上昇する場面もあった。しかし、連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めへの懸念は根強く、ハイテク株から景気敏感株まで幅広い銘柄に売りが出た。東京株式市場でも運用リスクを回避する売りが優勢だった。日経平均の下げ幅は600円を超える場面があった。   米金融政策の先行きを巡って、利上げや米連邦準備理事会(FRB)の保有資産の圧縮を始める時期に加え、利上げ幅を近年では異例となる0....

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は反落、半導体関連株が売られる
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反落、半導体関連株が売られる

日経ジャスダック平均株価も反落した。前引けは前日比26円47銭(0.72%)安の3659円03銭と、19日に付けた昨年来安値を下回った。前日の米株式市場で半導体関連株が大きく下げた流れでフェローテクが売られた。アンビスHD、東映アニメも下落した。一方、ウエストHD、ワークマンが上昇した。 値上がり銘柄数は123、値下がり銘柄数は431となった。   個別では、ホーブ、セリア、ジェーソン、テクノアルファ、山王など39銘柄が昨年来安値を更新。太洋物産、シライ電子工業、MITホールディングス、北川精機、シーズメンが売られた。   一方、アピリッツがストッ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反落、追い証発生で警戒
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反落、追い証発生で警戒

東証マザーズ指数は反落した。前引けは前日比17.20ポイント(2.08%)安の807.80だった。米連邦準備理事会(FRB)による金融政策の正常化前倒し観測を背景に高PER(株価収益率)のグロース(成長)株を売る流れがあらためて強まった。マザーズ指数は連日で節目の800を割る場面があった。追い証(追加担保の差し入れ義務)発生が広がることを警戒する見方もあった。一方、800を下回る場面では買いも入り、相場を支えた。 メルカリ、そーせい、メドレー、BASEが下落した。一方で、カオナビ、サイバダインが上昇した。 値上がり銘柄数は95、値下がり銘柄数は304となった。 &nbs...

相場概況(寄り付き後)
反落スタート、米株安が重荷
【市況】東京株式(寄り付き)=反落スタート、米株安が重荷

【寄り付き概況】 21日の日経平均株価は反落して始まった。始値は前日比368円57銭安の2万7404円36銭。 前日の米株式市場は、NYダウは313ドル安と5日続落。米連邦準備制度理事会(FRB)による早期金融引き締めに対する警戒感から売りが膨らんだ。米国株が下落した流れを受け、東京株式市場も値を下げて始まった。また、為替は1ドル=113円90銭前後と前日夕方に比べ円高で推移している。   寄り付き時点で業種別では33業種中、全業種が高く、値下がり上位に鉱業、石油、輸送用機器、海運、電気機器、鉄鋼など。     業種別では、...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「引け際にマイ転で続落」
「引け際にマイ転で続落」

「引け際にマイ転で続落」 木曜のNY株式市場で主要3指数は続落。 ほぼ終日プラス圏で推移していたが連日で引け際に下落幅を拡大。 NASDAQ総合は昨年6月以来の安値で最高値を約12%下回る水準。 過去約2年間で4回目の調整局面を迎えた。 1995年以降、最高値から10%以上下落したのは16回。 最近の下落で12カ月予想利益に基づく株価収益率(PER)は約31倍。 1年前と比べると低下している。 過去12カ月間で見ると指数は約10%の上昇。 20年3月最安値から2倍以上に上昇している。 ネットフリックスの第4四半期の新規契約者数は市場予想を下回...