兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
櫻井英明の株式辞典【ち行】

 【ち行】
 
■チャート【ちゃーと】
過去の株価推移を記したもの。専門家が市場動向を説明する際に重宝がられる。
あたかも過去から未来が見えるように錯覚させてくれるが決して未来は記されていない。
インターネット普及前は罫線と呼ばれ比較的日陰の存在だった。
 
 
 
■中型株【ちゅうがたかぶ】
東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄のうち、大型株(時価総額と流動性の高い上位100銘柄)に次いで時価総額と流動性の高い上位400銘柄のこと。
大型株、中型株、小型株は、規模別の株価指数が算出されています。中型株指数の構成銘柄は、TOPIXニューインデックスシリーズのTOPIX Mid400の構成銘柄と一致します。
 
 
 
■調整【ちょうせい】
背後にある悪いことや都合の悪いことなどをオブラートに包む言葉は市場にたくさんあるがその一つ。
明確には株価の下落を「調整」と称することが多い。そのため相当な暴落の最終局面までは「調整」と表現する市場関係者は多い。面白いのは騰落レシオが上昇してくると「過熱感からの調整の可能性」が指摘され、その騰落レシオが下がってくると「短期的調整近い」とのコメントが見られること。どちらも調整には変わりないが一貫性が感じられない。


 
■ストップ高・ストップ安【すとっぷだか・すとっぷやす】
取引所が決めた値幅制限いっぱいまで株価が上昇すること。
値幅制限いっぱいまで株価が下落することがストップ安。
「やったー! ストップ高」と寝言で言うことはあっても
「やったー! ストップ安」と聞くことは稀。
 
 
 
■スリム・トゥー・ウィン【すりむ・とぅー・うぃん】
IPOに際し、企業の発行済み株式数の一部だけを流通させようとすること。
売買開始後の株数を故意に希少化させることが背景。
最近のNYでのIPOで活用されている。
SNSのリンクトインや不動産のジローで使われた。
両者ともIPO直後に急騰した。
 

株ちゃんの明日読み
来週は、一進一退の展開か

来週は、一進一退の展開か

日経平均は小幅に反落したが。全般に方向感の定まらない展開だった。 日米金利差拡大観測から円相場が一時2カ月ぶりに1ドル=159円台へと円安が進んだ。このほか、原油市況高を背景に石油関連株も上昇したことも支援要因となった。 ただ、急激な円安進行は輸入物価の上昇につながり国内景気に悪影響が懸念されるほか、中東情勢や欧州政治の先行き懸念なども依然として底流にあり、積極的に動けないとの声が多い。 日経平均は週間では約218円の下落。週初に水準を切り下げてその後は持ち直したことから、週足では2週連続で陽線を形成した。     日経平均株価 始値  3860...

相場概況(大引け)
36円安と4日ぶり小反落、国内勢は売りの見方も
東京株式(大引け)=36円安と4日ぶり小反落、国内勢は売りの見方も

【大引け概況】 21日の日経平均株価は4日ぶりに小幅に反落し、終値は前日比36円55銭(0.09%)安の3万8596円47銭だった。   本日のマーケット動画 時間:00:01:45 容量:21.51M   ▼音声 VOICEVOX Nemo 過去のマーケット動画はこちら   前日の米株式市場は、NYダウが3日続伸したものの、ナスダック指数は8日ぶりに反落した。米半導体株の下落が警戒されるなか、日経平均株価は小幅に値を下げてスタートしたが、売り一巡後はプラス圏に浮上し、一時...

東証スタンダード(大引け)
値上がり優勢、売り買いが交錯
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値上がり優勢、売り買いが交錯

    東証スタンダード市場は材料不足の中で、方向感なく売り買いが交錯、前日終値をはさんでのもみ合いとなった。 スタンダードTOP20は続伸。出来高3億7072万株。 値上がり銘柄数791、値下がり銘柄数614と、値上がりが優勢だった。    個別ではジャパンフーズがストップ高。ワイエスフードは一時ストップ高と値を飛ばした。キャンディル、富士古河E&C、CSSホールディングス、ナフコ、佐藤食品工業など39銘柄は年初来高値を更新。enish、岡野バルブ製造、トレードワークス、アースインフィニティ、SYSホールディングス...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、好材料のあった銘柄に資金
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、好材料のあった銘柄に資金

  東証グロース市場は小高く始まり、買い一巡後は勢い続かず後場では上昇分を吐き出した。午前中は値上がり銘柄が多かったが、徐々に騰落の差は縮まった。  「この日は東京株式市場全体に地合いが強かった」という。グロース250も大引けこそ値がさの一角に利益確定売りが出て指数は小幅安で終わったが、大半の時間はプラスで推移するなど、しっかりしていた。  特に好材料のあった銘柄に資金が集まり、商いは盛り上がった。この日も新ユニットの発表をしたカバーが買われて指数を押し上げたほか、完全成功報酬制をうたうM&A仲介のインテグループも商いを伴って大幅に上昇した。一方、サンバイオは新薬の...

相場概況(前引け)
6円安と小反落、方向感乏しく ハイテク株売られる
東京株式(前引け)=6円安と小反落、方向感乏しく ハイテク株売られる

21日午前の日経平均株価は小反落し、午前終値は前日比6円07銭(0.02%)安の3万8626円95銭だった。   手掛かり材料難のなか方向感に欠ける展開。前日の米株式市場は、NYダウは3日続伸したものの、ハイテク株の比率が高いナスダック指数は8日ぶりに反落した。米半導体株の下落が警戒されるなか、日経平均株価は小幅に値を下げてスタートしたが、売り一巡後はプラス圏に浮上し、一時160円を超える上昇となる場面もあった。しかし上値は重く、前場引けにかけ小幅安へ下落した。為替は一時1ドル=159円10銭台まで円安が進んだ。   ...

東証スタンダード(前場)
値上がり優勢、材料株に買い
【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、材料株に買い

東証スタンダード市場は 金利上昇を受け材料株が上昇する半面、半導体関連株の下落が相場の重しとなった。 スタンダードTOP20は続伸。出来高2億4693万株。 値上がり銘柄数780、値下がり銘柄数531と、値上がりが優勢だった。 個別ではキャンディル、富士古河E&C、CSSホールディングス、佐藤食品工業、大森屋など33銘柄が年初来高値を更新。アースインフィニティ、フォーサイド、ANAP、トレードワークス、グリーンズが買われた。 一方、ヒップ、テクニスコ、ヒラキ、日本製麻、データ・アプリケーションなど12銘柄が年初来...

東証グロース(前場)
値上がり優勢、自律反発を狙った買い
【市況】東証グロース(前引け)=値上がり優勢、自律反発を狙った買い

東証グロース市場は前日に続き自律反発を狙った買いが入っているようだ。  東証グロース市場250指数は続伸した。前引けは前日比3.55ポイント(0.56%)高の641.70だった。   市場では「米連邦準備理事会(FRB)による利下げ時期が9月になりそうだとの見方が市場で一致しつつあり、利下げ時期の不透明感が後退して日本のグロース市場にも買いが戻りつつある」との見方があった。  グロース市場ではカバーやインテGが上昇した。一方、サンバイオやアストロHDは下落した。  値上がり銘柄数343、値下がり銘柄数190と、値上がりが優...

相場概況(寄り付き後)
小反落スタート、米ハイテク株安で
【市況】東京株式(寄り付き)=小反落スタート、米ハイテク株安で

【寄り付き概況】   21日の日経平均株価は小反落で始まった。始値は前日比24円36銭安の3万8608円66銭。   前日の米株式市場は、NYダウは299ドル高と上昇したものの、ナスダック指数は8日ぶりに反落。エヌビディア<NVDA>など半導体関連株が軟調だった。この流れを受け、東京株式市場も値を下げて始まった。   主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は2.69%安と大幅安となった。エヌビディアやマイクロン・テクノロジーなど半導体株の下げが目立った。き...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「場電」
「場電」

「場電」 「SOX指数が2.60%安」 木曜のNY市場で主要3指数はマチマチの展開。 S&P500とナスダック総合は反落。 ただS&P500は一時5500ポイントを突破した場面もあった。 ナスダックは7日続いた最高値更新が途切れた。 エヌビディアが3.54%安。 デルとスーパー・マイクロ・コンピューターも軟調。 明日の先物決済を控えて売買高はやや増加した。 5月の一戸建て住宅の着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.2%減の98万2000戸。 昨年10月以来の水準に低下した。 5月の全体の着工件数は5.5...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]     ■SBIHD<8473> 系が政策株買い取りファンド 1000億円規模   ■じもとHD<7161>  「国有化」決定 株主総会   ■セントラル硝子<4044> パワー半導体コスト1割減 炭化ケイ素基板新製法   ■スポットワーク仲介最大手のタイミー 来月にも上場   ■トヨタ自動車<7203> ...