兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
【攻略法】血液型別、A型女性の口説き方

血液型ごとの性格の違いを、信じてはいない!という方も多いと思います。
血液型によって性格や心理はだいぶ異なります。
女性は恋愛において血液型を"特に"気にしていると思います。
初めて会った人に「何型?」と聞いている場面をよく目にします。

逆に男性で気にする人はあまり見ないような印象があります。
でも恋愛に対して言えることですが、女性を口説くために大切なポイントとして利用できるのです。
それを踏まえて女性を口説けば、成功率はグンとアップするかもしれません?

ここでは、そんな血液型別に女性を分けた口説きのテクニックを紹介していきます。

A型女性の口説き方
 


一般的には、神経質、几帳面、我慢強いなどでしょうか。
根が真面目な女性が多いように感じます。
警戒心が強いのがA型女性です。

一度心を許した相手には全幅の信頼を寄せるでしょう。
付き合い始めるとどの血液型よりも丁寧に男性を立て、尽くしてくれます。

A型女性を口説く最大のポイントは、「彼氏がいるかどうか」まず知ることです。
これは、どの血液型にもいえますが・・・

A型女性は、浮気はあまりしません。
彼氏がいる場合は、絶対落ちません。
別れていても、心の中でフッ切っていないと、他の男には抱かれない。しかも、初めての男とはエッチできない女性もいます。

失恋した際の彼女達の傷つき方は、他の血液型の女達よりも、一線を画して深いので注意。
相手を尊重してあげるということが大切になります。

A型女性は結構単純。ちょっとした言葉ひとつで毎日ウキウキと過ごすことができるのです♪

【弱点】
とてもサービス精神が旺盛で、自分の気配りで周囲が喜んでくれるととても幸せを感じるタイプ。だから気配りを感じとって喜んでくれているようなタイプにとっても弱いということです。

A型女性と相性のいい男性の血液型
1位 O型
2位 A型
3位 AB型
4位 B型

いかがでしたか?
血液型によってはやはり女性の傾向というものがあると思いませんか?

あくまで傾向なのであまり信じすぎないようにしてくださいね。
信じすぎると血液型で女性の落とし方を決めることになるので超危険です。
軽〜〜く読んでください
参考にして、うまく付き合っていけるといいですね。

株ちゃんの明日読み
しっかりの展開か

しっかりの展開か

1日の日経平均株価は、前日比257円09銭高の2万8226円09銭と5日ぶりに大幅反発して取引を終えた。買い一巡後は、手がかり材料に乏しいなか様子見姿勢が強まり、上げ幅を縮小し、安値引けで取引を終えている。   2日の日経平均株価は、基本的にはしっかりの展開か。 週末要因や米11月雇用統計の発表を控え反落も予想されるが、先日のパウエルFRB議長の講演で目先の金利変動要因は織り込んだ可能性がある。米国市場でダウ平均よりもナスダックや米半導体株指数などグロース系の反発が続くかが、明日の東京株式のポジティブな値動きのカギとなるだろう。 一方で、現地1日には、10月個人所得・...

相場概況(大引け)
257円高と5日ぶり大幅反発、米株急伸を受け
東京株式(大引け)=257円高と5日ぶり大幅反発、米株急伸を受け

【大引け概況】 1日の日経平均株価は5営業日ぶりに反発し、前日比257円09銭(0.92%)高の2万8226円08銭で終えた。   本日のマーケット動画 時間:00:01:07 容量:15.13M 過去のマーケット動画はこちら   きょうは主力株中心に買い優勢の地合いとなり日経平均は反発し、2万8000円台を回復した。米国ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が注目されていたが、12月のFOMCで利上げ幅縮小の可能性に言及したことが好感され、NYダウ、ナスダック総合株...

東証スタンダード(大引け)
値下がり優勢、為替相場が円高に
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値下がり優勢、為替相場が円高に

  東証スタンダード市場は米国の利上げペースが12月にも減速するとの見方が強まり投資家心理が上向く中、ハイテク株中心に買いが入った。ただ、為替相場が円高に振れたため、輸出関連株には売りが出て指数の上値を抑えた。スタンダードTOP20は小幅高。出来高2億7804万株。出来高は12億4498万株、売買代金は3兆1404億円。   値上がり銘柄数533、値下がり銘柄数692と、値下がりが優勢だった。   個別では、新東がストップ高。ファインシンター、高見沢サイバネティックスは一時ストップ高と値を飛ばした。田中建設工業、ヒップ、クオンタムソリュー...

東証グロース(大引け)
値上がり優勢、投資家心理が改善
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、投資家心理が改善

  東証グロース市場は米金融引き締め懸念が和らいだことを受け、物色意欲が旺盛となった。東証マザーズ指数、グロースCoreはともに反発。東証マザーズ指数の終値は前日比12.93ポイント(1.63%)高い806.44と、8カ月ぶりの高水準で終えた。米国の利上げペースが緩むとの見方から前日の米株式相場が上昇した。投資家心理が改善し、国内の新興銘柄にも買いが及んだ。好材料銘柄や値動きが大きい銘柄に個人投資家の資金が向かった。   主要顧客に米テスラが浮上したエヌピーシーが収益拡大への期待から制限値幅の上限(ストップ高)まで買われた。マイクロ波も上昇した。一方、M&...

東証プライム(前場)
312円高と反発、米利上げ減速観測で買い
東証プライム市場(前引け)=312円高と反発、米利上げ減速観測で買い

  1日午前の日経平均株価は反発し、前日比312円05銭(1.12%)高の2万8281円04銭で前場を終えた。前日の米株式市場で主要株価指数が上昇した流れを受け、東京株式市場でも買いが優勢となった。日本株は前日まで下落が続いたため、主力銘柄を中心に見直し買いも入りやすかった。 また、前日、中国政府の対コロナ政策を担当する孫副首相が声明を発表しており、「(中国の)新型コロナとの闘いは新たな段階にある」と語った。会合後の発表文によると、ゼロコロナを意味する「動態清零」という言葉が使用されなかったもよう。ゼロコロナ政策の緩和に向けた動きと捉えられ、世界経済の景気後退懸念が和ら...

東証スタンダード(前場)
値下がり優勢、ドル安・円高に振れ重し
【市況】東証スタンダード(前引け)=値下がり優勢、ドル安・円高に振れ重し

  東証スタンダード市場は、前日の米国株が利上げ幅縮小への期待感から上昇した流れを受け買いが入ったが、為替相場がドル安・円高に振れたことが輸出関連株を中心に日本株には重しとなった。スタンダードTOP20は小幅高。出来高1億7163万株。値上がり銘柄数518、値下がり銘柄数643と、値下がりが優勢だった。   個別では、高見沢サイバネティックスが一時ストップ高と値を飛ばした。田中建設工業、クオンタムソリューションズ、タウンニュース社、まんだらけ、イオン九州など29銘柄は年初来高値を更新。東洋合成工業、ファブリカコミュニケーションズ、フライトホールディングス、...

東証グロース(前場)
売り買い拮抗、投資家心理が強気
【市況】東証グロース(前引け)=売り買い拮抗、投資家心理が強気

  東証グロース市場は東証マザーズ指数、グロースCoreはともに堅調。東証マザーズ指数の前引けは前日比13.11ポイント(1.65%)高い806.62だった。一時は813.79と、取引時間中として8カ月ぶりの水準まで上昇した。米国の利上げペースが鈍化するとの見方から前日の米株式相場が上昇した。投資家心理が強気に傾き、国内の新興銘柄にも買いが入った。   通信鉄塔を購入するための資金調達契約を結んだJTOWERが大幅高となった。株式分割を発表したバードマンも買われた。一方、M&A総研やバンクオブイは下落した。   きょうグロース市場...

相場概況(寄り付き後)
大幅反発スタート、米株高を好感
【市況】東京株式(寄り付き)=大幅反発スタート、米株高を好感

【寄り付き概況】 1日の日経平均株価は大幅に反発して始まった。始値は前日比304円14銭高の2万8273円13銭。その後に上げ幅を400円超に広げた。 東証株価指数(TOPIX)は、11.15ポイント高の1996.72で始まった。 前日の米国株市場ではNYダウが700ドルを超える大幅高をみせたほか、ナスダック総合株価指数は500ポイント近い急騰を演じた。ナスダック指数の上昇率は4.4%に達しており、これを受けて東京株式市場でもハイテクセクターをはじめ広範囲にリスク選好の買いが流入する形となっている。 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が前日の講演で「...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「パウエル発言で急上昇」
「パウエル発言で急上昇」

「24ヶ月移動平均(27877円)を上抜けた」 「パウエル発言で急上昇」 水曜のNY株式市場で主要3指数は大幅高。 パウエルFRB議長が講演。 「早ければ12月にも利上げペースを縮小する可能性がある」とコメント。 この断片を好感し株価は上昇。 「インフレとの戦いはまだ終わっていない。 最終的にどの程度の利上げが必要か、いつまで続くのかなど、重要な疑問な残っている」。 ことらは見えないフリ。 講演を受けてNYダウは700ドル超の上昇。 S&P500は朝方の安値から切り返し4000ポイント台回復。 NASDAQは4%超上昇。 アップルが4...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]   ■食品値上げ、12月も145品主要60品の9割で店頭価格上昇 ■メタバース投資ファンド香港のブロックチェーンゲーム会社が立ち上げ ■中国のゼロコロナ緩和、商品で期待拡大ニッケル5%、パーム油2%高 ■昭和電工<4004> 電炉の異常検知、100倍速く350種のデータ解析 ■富士フイルム<4901> 米で細胞培養材料生産260億円投じ能力3倍 ■TSMC、大阪に新拠点半導体設計を支援国内、400人に倍増 ■JR西日本<9021> ローカル線赤字重く1...