兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
今、RPAが注目を浴びている
労働人口の減少などによる慢性的な人手不足を背景に、企業が取り組むべき重要な課題となっているのが労働環境の改善や業務の効率化でしょう。
この解決策では、間接業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入する企業が広がっています。

2017年の調査によると、国内では14.1%の企業が導入済み、6.3%が導入中、19.1%が導入を検討中でした。市場規模は2017年度が31億円、2021年度には100億円規模になると予測されています。

定型的なパソコン操作をソフトウエアで自動化するRPA。
RPAは人が行うパソコン操作をソフトウエアで型ロボットに記録させることで、オフィス業務を効率化・自動化する仕組みです。
ロボットはみずから辞めることはありません。
24時間休みなく働き続けることも可能です。
アプリケーションと違って日ごとに変わる業務の変化にも、ルールを書き換えることで柔軟に対応でき、同じ間違いを繰り返すこともありません。
ある程度のルールとフローで回せる業務であれば、RPAによって飛躍的な効率化を実感できると言われています。人の手による作業より遥かに正確で、見落としがないことも忘れてはならないポイントです。

RPAを導入する動きはさまざまな業種に広がっており、なかでも積極的に取り組んでいるのが銀行や生損保といった金融機関です。
みずほFG、三井住友FG、三菱UFJFGの3大メガバンクがそろって大規模な人員削減を発表し、その規模は合わせて3.2万人もの規模になるということです。
この人員削減は数年から10年近くかけて行われるものの、その規模からマスコミでも大きく取り上げられています。
三井住友海上火災保険はアクセンチュアと連携し、全社でRPA導入を進めています。
余裕ができた人材を商品開発や営業にまわすことで、収益力の再構築を図る狙い。

今後、ロボット技術・AI技術が発展していけば、従来は人が行っていた業務はドンドン置き換えられていく可能性は高いでしょう。ロボットやAIに仕事を奪われるということに関しては賛否両論ありますが、RPAの市場規模は年々拡大していく可能性が高いです。

株式市場においてもRPA関連銘柄に関心が集まっています。

世界有数のRPAソフトウエア企業である米ユーアイパスの製品「UiPath」について、システムソフト<7527>伊藤忠テクノソリューションズ <4739> が17年10月から販売をスタートしています。
知名度の高い製品には、NTT<9432>の研究所が開発した国産のRPAソリューション「WinActor」や、RPAホールディングス<6572>グループのRPAテクノロジーズのソフトウエアロボット「BizRobo!」などがあります。
2018年3月に上場したRPAホールディングス<6572>は、主に事務作業代行ソフトウェアの販売を行うロボットアウトソーシング事業として業界の注目度は高いです。

「WinActor」はNTTデータ <9613>が14年11月から国内販売を開始しています。
17年11月にはバーチャレクス・ホールディングス<6193>が、同年12月にはニーズウェル <3992>が取り扱いを開始しています。

インフォコム <4348>は、システム開発とネット配信の会社ですが、統合業務管理ソフト(ERP)に注力しています。企業向けIT(情報通信)サービスとRPAを連携したソリューションを提供しています。
PRAの活用でERPの導入、契約書管理システム、情報管理ポータルシステムなどとリンクし、日常業務の効率化を実現できます。RPAには17年10月から本格参入しています。

他では、業務自動化ソリューション「Robo-Pat」を手掛けるスターティア<3393>、17年9月からRPA導入支援サービスを始めたAGS<3648>、RPAの商談機会を獲得していけるよう販売準備を進めているジェクシード <3719> などが注目されます。
RPAの普及は日本では遅れている状況です、これからの株式市場では長期的な重要テーマとして注目される可能性が高いでしょう。早めにチェックされては如何でしょうか。


株ちゃんの明日読み――・・・・・・
来週(25〜28日)も堅調展開か。

来週(25〜28日)も堅調展開か。

今週は、強い動きとなった。前の週に日経平均が2万3000円台を回復したことで、センチメントが強気に傾斜。 米政権は対中制裁関税第3弾の発動を発表したが、悪材料出尽くし感が強まり、世界的にも株高基調が強まった。 国内では自民党総裁選で安倍氏が勝利したが、株式市場ではそれを織り込むかのように先回りの買いが入り、幅広い銘柄が上昇した。 円安方向に振れる中、NYダウ平均が8カ月ぶりに史上最高値を更新と好材料が相次ぎ、連日の上昇で節目の2万4000円に迫った。 日経平均は週間では約775円の上昇となり、週足では2週連続で陽線を形成した。     さて、来週...

為替市況コメント
リスク選好姿勢が続く リスク選好姿勢が続く
【為替】リスク選好姿勢が続く リスク選好姿勢が続く

[概況]  21日の東京外国為替市場は、米中の貿易対立のリスク懸念後退で中国株が大幅上昇したことを受け、リスク選好姿勢が強まった。米ドル円は序盤こそ上値が重かったが、中盤以降は買いが優勢となり、本日の高値112.885円まで上昇する。   しかし、欧州時間に入ると上昇に対する利益確定と思われる売りに押され、現在は112.60円近辺とやや弱含んでいる。この後は、昨日、史上最高値を更新したNYダウの動きに注目だ。本日も続伸するようだと外国為替市場もリスク選好姿勢が活発となり、米ドル円は節目113.00円を上抜けるような展開も期待できそうか。 ...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反発、投資家心理が改善
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反発、投資家心理が改善

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比14.38ポイント高い1040.43だった。 日経平均株価が大幅続伸して投資家心理が改善。マザーズでは連続ストップ安となっていたそーせいグループが朝方に寄り付き、反発したことで買い安心感が高まった。 円安・ドル高や中国・上海などアジア株の堅調な動きも投資家に安心感を与え、新興株の値上がりを後押しした。3連休前だったが、売り物は少なく「投資家の先高期待は強い」という。 値上がり銘柄数は141、値下がり銘柄数は108となった。   個別ではコラボスが一時ストップ高と値を飛ばした。オイシックス・ラ・大地、アズーム、リネットジャパン...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反発、買いが優勢
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、買いが優勢
 

日経ジャスダック平均株価は反発した。 終値は前日比28円31銭高い3803円19銭だった。外国為替市場の円安・ドル高進行を手掛かりに日経平均株価が上昇すると、投資家心理が改善して新興株にも買いが優勢になった。個人投資家が信用取引の担保として差し入れることが多い銀行などの主力株が堅調だったのも支援材料となった。 米中貿易摩擦への過度な警戒感が和らぐなか、ハーモニックなど新興企業向け株式市場に上場する中国関連株も買われ相場全体を押し上げた。   ジャスダック市場の売買代金は概算で556億円、売買高は9008万株だった。 値上がり銘柄数は427、値下がり銘柄数は223と...

相場概況(大引け)
6日続伸 195円高、2万4000円台に迫る場面も
東京株式(大引け)=6日続伸 195円高、2万4000円台に迫る場面も

【大引け概況】 21日の日経平均株価は6日続伸し、前日比195円00銭高い2万3869円93銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:01:26 容量:12.19M 過去のマーケット動画はこちら   前日の米株高を引き継ぐ形で東京市場は朝から幅広い業種が値を上げた。 連日の上昇により高値警戒感もあったため、3連休を前に利益確定売りが出て前場はやや上値が重かったが、アジア株の上昇などを背景に後場は再び買いが強まって、日経平均株価は一時2万4000円に迫った。   外国為替市場で円相場が一時...

相場概況(寄り付き後)
日経平均株価は前場終値比で上げ幅急拡大
【市況】東京株式(寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅急拡大

【寄り付き概況】 後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比210円17銭高の2万3885円10銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、15.64ポイント高の1803.24で始まった。 日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに一段高となっている。海外株高や円安を好感した買いが、最近の急上昇を受けた利益確定売りを吸収しつつある。   外国為替市場では、1ドル=112円70銭近辺の推移。アジアの主要株式市場は総じて堅調。   個別では、ソフトバンクG、KDDIが値を上げ、任天堂は切り返した。三菱UFJ、三井住友が高く、スルガ銀は上伸している...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反発、押し目拾いの動き
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反発、押し目拾いの動き

東証マザーズ指数は前日比9.85ポイント高の1035.90ポイントと反発した。 手掛かり材料に欠けるなか、三連休を控えた週末とあって、三連休を前にポジション調整の動きが中心となっている。前日のマザーズは目先の利益を確保する動きなどから約1週間ぶりに1000ポイントの大台を割り込んだ。節目を割り込んだことや米国株の上昇などを背景に、個人投資家による押し目拾いの動きも出ている。 値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は113となった。   個別では、オイシックス・ラ・大地、リネットジャパングループ、ロコンド、エニグモ、弁護士ドットコムなど7銘柄が年初来高値を更新した...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は反発、投資家心理が改善
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反発、投資家心理が改善

日経ジャスダック平均株価は反発した。 前引けは前日比22円88銭高い3797円76銭だった。前日のNYダウ工業株30種平均が過去最高値を更新し、投資家心理が改善した。 個人投資家が信用取引の担保として差し入れることが多い銀行株など主力株が上昇したことで、新興株にも買いが優勢となった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で313億円、売買高は5478万株。 値上がり銘柄数は392、値下がり銘柄数は205となった。   個別では、ナガオカがストップ高。ケア21、山田債権回収管理総合事務所は一時ストップ高と値を飛ばした。 ACKグループ、テリロ...

相場概況(前引け)
118円高 続伸。買い一巡後は伸び悩む
東京株式(前引け)=118円高 続伸。買い一巡後は伸び悩む

21日午前の日経平均株価は続伸し、前日比118円42銭高の2万3793円35銭で前場を終えた。 20日のNYダウ工業株30種平均が約8カ月ぶりに過去最高値を更新したことを受けリスク選好ムードが続いている。投資家心理が一段と上向き、幅広い銘柄が買われた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸した。   米中貿易問題への警戒感が和らいでおり、海運や非鉄金属などの景気敏感株に買いが向かった。米長期金利の上昇を受けた利ざや改善の期待を受け、保険や銀行株などの金融株の上昇も目立つ。 外国為替市場で円相場が一時1ドル=112円台後半まで下落したことも...

為替市況コメント
NYダウは史上最高値を更新してドルも買われる
【為替】NYダウは史上最高値を更新してドルも買われる

[概況] NY市場に入り発表された9月フィラデルフィア連銀景況指数は予想を上回り、新規失業保険申請件数も予想より減少したが、対ユーロで売られたドルは対円でも売られ、NY市場朝方に当日安値112.030円まで値下がりした。   しかし112円は割れず、其の後発表された8月中古住宅販売件数と8月景気先行指数は共に予想を下回ったが、NY株式市場が大幅高で始まった為にドルも買われ急反発した。 そしてNY市場序盤に112円半ばを超えて当日高値112.600円まで上昇し、其の後米国債利回りの低下などに終盤に112.375円まで下げたが、最後は前日比+17.5銭高の112.4...