兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。

OCN版はコチラ

毎日コラム
遠隔医療に注目

次世代通信規格「5G」は、高速大容量通信の活用としては、「遠隔医療」が挙げられる。
広島大学とNTTドコモ<9437>は、大容量の手術データを次世代通信規格「5G」を介してリアルタイムにやり取りする実証実験に成功したと発表し注目を集めている。
 
5Gで治療室と遠隔地を接続し、高精細画像など大容量データの双方向の通信を検証した。緊急脳外科手術など熟練医が不在の場合の遠隔高度医療に道を開くことが期待される。医師不足など地域医療の課題解決につなげたい考えだ。
 
5Gのサービスが日本では20年春から始まるが、5Gにより高精細な映像などのやりとりが可能になるため、医師と遠く離れた場所にいる患者が正確な診断を受けたり、熟練医が手術を支援したりすることも可能になる。
株式市場でも5Gのサービス開始による遠隔医療の関連銘柄に関心が一段と高まっている。
 
遠隔治療関連で度々話題に上るのが、スマホのテレビ電話で遠隔治療が受けられる遠隔診療サービス「ポケットドクター」だろう。
「ポケットドクター」は、医師求人サイトを運営するMRT<6034>と、遠隔操作ソフトの開発に定評があるオプティム<3694>が共同開発したスマホアプリ。
 
医療情報サイト「M3.com」や医師相談サービス「AskDoctors」を運営するエムスリー<2413>は、LINE<3938>と共同でオンライン医療事業を目的とした「LINEヘルスケア」を設立するなど注目を集めている。
 
窪田製薬ホールディングス<4596>は在宅で網膜の状態の測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS (Patient BasedOphthalmology Suite)」は、網膜の厚み測定機能に加えて、視力測定機能を追加する予定である。今後の商業化に向けて米国における510(k)申請の準備も進めた。
 
また、イメージ ワン<2667>は、新規参入したクラウド型電子カルテ「i・HIS」は、引合い、受注件数も増加し売上計上もした。
更に、メドピア<6095>、データセクション<3905>、みらかホールディングス<4544>なども関連銘柄として注目されている。
 
 

株ちゃんの明日読み
目先は不安定な動きか

目先は不安定な動きか

12日の日経平均は続伸。終値は前日比93円高の2万2843円で、先月21日以来、約3週間ぶりの高値で取引を終えた。 昨日の米国株は安かったものの、外国為替市場で進んだ円安・ドル高が好感されて堅調に推移した。日本株の出遅れ感が意識され、低位に置かれた商社、鉄鋼、建機、金融などの主力に買いが入ってきた。国内の4−6月決算悪はほぼ織り込んだようである。   明日13日の日経平均株価は、バリュー株物色が継続するかどうかが注目されるだろう。 国内では重要経済指標の発表はなく、主要企業の20年4-6月期決算はほぼ一巡。 手掛かり材料に乏しいなか、海外要因に左右されやすい面はあ...

相場概況(大引け)
93円高と続伸、景気敏感株買われる
東京株式(大引け)=93円高と続伸、景気敏感株買われる

【大引け概況】 12日の日経平均株価は続伸し、前日比93円72銭高の2万2843円96銭と7月21日以来約3週間ぶりの高値で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:39 容量:5.93M 過去のマーケット動画はこちら   外国為替市場で円相場が円安・ドル高に振れ、景気敏感株を中心に買いが入った。上げ幅は一時100円を超えた。   円相場が1ドル=106円台後半まで下落し、輸出採算が改善するとの期待から、鉄鋼や機械といった輸出関連株に買いが入った。長期金利の上昇を受け、金融株に買いが入った...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続伸、方向感の無い展開
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続伸、方向感の無い展開
 

日経ジャスダック平均株価はわずかに続伸した。終値は前日比13銭高い3443円87銭だった。日中を通して指数は小動きが続いた。 昨日に決算発表をしたワークマンなど時価総額上位銘柄が堅調な値動きで寄り付きしたことなどからジャスダック平均は上昇してスタートした。ただ、その後は、上述したワークマンのほか、その他の時価総額上位銘柄が徐々に値を消したことで、マイナスに転じる場面があった。しかし、それでも大引けではプラスに戻るなど全体として方向感の無い展開で推移した。 2021年3月期の会社予想の単独税引き利益が市場予想を下回ったワークマンは4%下落した。時価総額上位の出前館など巣ごもり関連銘...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は続落、利益確保の売り
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、利益確保の売り

東証マザーズ指数は当面の利益を確保する売りで続落。終値は前日比21.46ポイント安い1008.85だった。朝方売りが広がり、マザーズ指数は節目の1000ptを割り込む場面があった。前日の米国市場ではハイテク株が相場全体の下げを主導し、本日の東京市場もこうした流れを引き継いだ。ただ、下値では押し目買いも入り、マザーズ指数はやや下げ渋った。 メルカリのほか、BASEやマクアケなどこれまで大きく上昇してきた銘柄に利益確定売りが目立った。市場では「モダリスやT&Sなどの直近IPO銘柄に資金を移す流れがあるようだ」との指摘があった。モダリスの売買代金は322億円と新興市場で1位だった。...

相場概況(前引け)
小幅続伸、円安で景気敏感株に買い
東京株式(前引け)=小幅続伸、円安で景気敏感株に買い

12日午前の日経平均株価は小幅続伸し、前日比38円91銭高の2万2789円15銭で前場を終えた。 前日の米国株が取引終了にかけて値を消し、日経平均も小幅安で始まったが、朝の売りが一服すると断続的に買いが入って日経平均は値を戻した。その後、再び売り物に押されてマイナス圏に沈んだが、売りの勢いは長続きせず、前場中盤以降はおおむね小幅高でのもみ合いが続いた。 外国為替市場での円安・ドル高の進行で、景気敏感株などに買いが入った。長期金利上昇を受けた金融株の物色も支えとなった。   円相場が1ドル=106円台後半まで下落し、輸出採算の改善を期待した買いが鉄鋼株や機械株とい...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は反落、時価総額上位銘柄売られる
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反落、時価総額上位銘柄売られる

日経ジャスダック平均株価は反落し、前引けは前日比2円93銭安い3440円81銭となった。 巣籠り銘柄である時価総額上位のマクドナルドや出前館などが売られている。好業績発表銘柄は買われている。 ジャスダック市場の売買代金は概算で333億円、売買高は9255万株。 値上がり銘柄数は266、値下がり銘柄数は311となった。   個別では豊商事が一時ストップ安と急落した。ジェイエスエスは年初来安値を更新。クルーズ、ワンダーコーポレーション、GFA、シンデン・ハイテックス、ウィザスは値下がり率上位に売られた。   一方、スペースシャワーネットワークが...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は続落、AmaziaがS安
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続落、AmaziaがS安

東証マザーズ指数は前日比19.98ポイント安の1010.33ポイントと続落。 11日の米国市場はロシアが初のワクチン登録を発表しワクチン開発へのさらなる期待につながったほか、トランプ大統領がキャピタルゲイン減税に言及したため、期待感から寄り付きから上昇した。引けにかけては、利益確定の売りやハイテク株の下落に押されたほか、追加財政策の実施に不透明感が広がり、下落して取引を終了した。ハイテク通信株の比率が高いナスダックは続落した。マザーズ市場は、軟調な米国市場の流れを引き継ぎ続落している。 東証マザーズ指数は指数寄与度の高いメルカリやマネフォが大幅に下落したことで、下げ幅が3%を超え...

相場概況(寄り付き後)
小反落、米株安など受け
【市況】東京株式(寄り付き)=小反落、米株安など受け

【寄り付き概況】 12日の日経平均株価は小幅に反落して始まった。始値は前日比2円80銭安の2万2747円44銭。前日の米国株の下落を受けて、国内でも運用リスクを回避する動きがやや優勢となった。   前日の米国株市場ではワクチン開発への期待などから買いが先行したものの、ハイテク株中心に利食い急ぎの動きが出て終盤になって急速に値を崩した。 NYダウは8日ぶりに反落し、ナスダック総合指数は続落歩調が続いており、東京株式市場でも目先買い手控えムードが再燃している。 日経平均は前日に400円を超える上昇をみせていたこともあり、その反動も出やすいところ。 &n...

カタリストコメント
03_katakome41.jpg 「老けた」
「老けた」

「老けた」   火曜のNY株式市場でNYダウは8日ぶりの反落。 NASDAQもS&P500も反落となった。 NASDAQは1.69%安で7月23日以来の大幅安。 それぞれ大幅高の局面もあったが引けにかけて反落した。 共和党のマコネル院内総務のコメント。 「追加コロナ経済対策を巡る協議が先週決裂した後、政権の代表と民主党指導部が話し合いをしていない」。 これを嫌気したとの解釈だ。 「先週末に始まった成長株の巻き戻しが継続加速しているようだ。 しかしパニック売りは見られない」という見方だ。 ただ「週600ドルの失業給付がなくなれば、所得が...

為替市況コメント
ドル円は、106円半ばを推移
【為替】ドル円は、106円半ばを推移

[概況] 11日、欧米時間の外国為替市場において米ドル円は、106円台半ばの取引となり106.490円で終了した。円は、米国でFRBの緩和政策が長期化するとの見方や大胆な財政支出が打ち出さていること、またドイツやユーロ圏の指標に回復の兆候が顕著にみられ始めていることなどを背景に全般に売られる格好に。   チャートは、日足線が陽線引けとなり5日移動平均線(106.085: 12日現在)、20日移動平均線(106.100: 12日現在)を超えての推移となっている。目先は、この付近をサポートとし107円半ばを目指す展開となるのか注目したい。 [提供:カネツ...